盛田昭夫の名言・格言|アメリカでは無能な社長はリコールされる

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本では社長もサラリーマンの一番上ということになっているから、社長にも定年あり、という会社さえある。アメリカでは定年はない。しかし、一年ごとに厳しくその能力を評価され、少しでも失敗があればたちまちクビになる。社長といえども決して神様ではなく、株主によって会社の運営がまずいと判断されればリコールされる。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社に新しい血を注ぐことで、チャンスや可能性が広がる。

私のブログには、心がけてきたモットーが掲げてあります。最初は「明るく・楽しく・元気に」過ごすこと。2つ目は「人とのつながりを大切にすること」。最後は「常に何事にも好奇心を持つこと」です。

最近の優れた経営者は、どんどん現場に出ていって、社員と話をします。決断するのは自分だから、自分で見たいんですね。

失敗から学びがある。その機会を活かせる形で言語化しておくことが大切。そして、失敗から学んだ教訓を皆に伝えることをしていかなければ、組織としての学びにはならない。

朝四時から四時半に起きる暮らしを始めて、20年ほどになります。これから空が白み始めようというとき、窓を全開にします。すると冷たい空気が部屋を満たし、体がシャキッとします。これが私にとって本を読む、物を書くのに絶好の時間です。

小さなことに気づく、気になる日本人の特性がデバッグの仕事の武器なのです。ニートや引きこもりに情けをかけているわけではありません。雇用対策でもない。そもそも社会貢献なんて言葉は大嫌いです。ただ彼らの技術がすごいから仕事をしてもらっているのです。

全社の営業マンが1年目と10年目で同じ仕事のやり方をしていたとします。成績に差があるとすれば、それは経験と担当企業の規模でしかありません。ベテランの営業担当者は「あえて顧客先を訪問しない」といった、手法のイノベーションを試すべきなのです。

ページの先頭へ