盛田昭夫の名言・格言|多くの人は自分の能力に気づいていない

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は誰でも種々様々な能力を持っているものなのに、どんな優れた能力があるかを知らずにいる場合が多い。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社長だけではなく、役員や部課長、一般社員にいたるまで、自社の現在の立ち位置を把握しており、将来はこういう会社になりたいという夢や理想を共有し、どういう方法でその夢や目標を達成したらいいかという戦略も認識し、現場で個人個人の戦術の部分にまで落としこまれている。ここまでできれば、トンネルの先の光が見えてくることは間違いないだろう。これが全員経営の入り口である。

私は、従業員の能力をフルに引き出すには、お客様の要望を一番知っている現場を信頼し、任せるという度量と、もう一つはトップの経営的な決断が大切であり、この二つが基本だと思っています。

もっと若い人にやってもらうしかありません。海外でも30代、40代が主戦力になるべきです50代後半の過去の成功体験を引きずった人では、自己正当化に走ります。もっとダイナミックに新陳代謝をしないと。

M&Aで重要なのはインテグレーション(一体化)です。効果を発揮するには、働く人の気持ち、感情を大切にしなければなりません。つまるところ、買収先の社員、取引先が、M&Aを受け入れてくれるか、我々と一緒になることで喜んでもらえるか。

週末には、仕事が一段落したら一度頭の中を空っぽにし、思索にふける時間が大切。落ち着いた雰囲気の中に浸ると、遠大な境地に到達します。静かな落ち着いた雰囲気の中でふっと次の夢や明日への意欲が湧いてくるのです。多忙の中ではそのような境地に至ることは難しい。

ひとりで歩道を歩いているとき、前方から自動車が突っ込んできた。自分は交通規則にのっとって歩いている。自動車は本来、車道を通行するべきものだから、私が自動車を避ける必要はない。たとえそう考えたとしても、実際には自動車を避けることになるはずだ。つまり「自分は悪くないのだから、何もする必要はない」という考え方は正論ではあるが現実的ではない。

ビジネスパーソンの仕事に、特別な才能は必要ない。必要なのは、好奇心と謙虚な気持ち。言い換えれば、誰もが伸びる可能性を持っている。

ページの先頭へ