盛田昭夫の名言・格言|50年後には有名なブランドになってみせる

このエントリーをはてなブックマークに追加

50年前には、あなたの会社のブランドも、いまのソニーと同様、誰ひとり知らなかったに違いない。我々は将来のために、いまや50年の第一歩を踏み出すのだ。50年後にはソニーもあなたの会社同様、必ず有名にしてみせる。
【覚書き|アメリカの有名な大メーカーから、ソニーのラジオをその大メーカー名で販売させてくれるなら10万台発注すると言われ断ったときの言葉】


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

協力を頼みたい相手が忙しそうにしていたら、「こんなときに申し訳ないんだけれど……」などと前置きをしたくなりますが、これは逆効果。遠慮がちに話しかけられると、相手はかえって「断わってもよいのかも?」と思ってしまいます。ここはいきなり本題に入るのが正解です。「目的を明確にしつつ振る舞う」ということです。何をしたいのかをハッキリ示せば相手も対応を決めやすくなり、それがひいては「仕事のしやすい人」という印象につながるのです。

数字の裏にあるものを見極めるには、現場も分かっていなければならない。「ビジネスをどれだけイメージできるか」「現場で何が起こっているのか」を肌身で分かるような経験をしなければならない。

スクエア(スマートフォンなどのモバイル端末をカード決済端末にするサービス)を立ち上げるうえでの苦労はものすごくたくさんあった。僕らはみんな金融業界については素人で、業界の構造や仕組みを学ぶところから始まった。ハードを作るのも初めてのことで、投資家たちになぜカード決済事業をするのにハードが必要なのか説明する必要もあった。なぜソフトで完結できないのか、と彼らは考えていたんだ。

今回は語ることや読むことを巡る小説になりましたから、やはり、自分はなぜ物語を描いているのだろうと改めて考えることになりました。それで自分の場合には「読まれるため」に書いているのだと再確認して、あとはやはり些末なことだと捉えたんです。

勝ち続けるためには、新たな取り組みを導入し続けることと、選手層を厚くすることが必要。

拙速を尊べ。お客様の意識の変化に付いていき、環境変化に負けないスピードを会社全体で付けよう。

観察してアウトプットする。この積み重ねが、仕事の感性を磨いてくれる。

ページの先頭へ