盛田昭夫の名言・格言|会社の中で腕を磨ける人もたくさんいる

このエントリーをはてなブックマークに追加

腕のいい人はみんな独立するというけれど、それはとんでもないことで、独立した方がいい人は独立した方がいいし、会社の中で腕をふるえる人は、会社の中で腕をふるえばいい。会社という機構の中で腕を磨ける人だってたくさんいると思う。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

退職者を原則として皆、再雇用するようにしました。そのための小さな会社を作り、組合の執行委員長と会社の人事部長を両方そこに入れました。マンションなどに置く宅配ボックスの会社で、これがいまや業界準大手になって上場を目指しています。給料は話し合いで決めさせてもらうが、勤めたければずっといてくれても構わない。やる気の出せる道をこうして目に見える形で与えられると、かつての「輝ける」組合の執行委員長でさえ、周囲が驚く働きぶりを示しています。

上の立場になって強く感じるのですが、すべてのビジネスパーソンは、「経営の視点」を持つべき。若い人は、「頑張っているのに会社が評価してくれない」と悩みがちですが、実は「視野の狭さ」が原因であるケースが多い。独り善がりに頑張ったり、自分が所属する部や課の事情に振り回されて仕事をしたりしても、会社が考える方向性とズレていたら、評価にはつながりません。「今、世の中はこうだから、うちの会社はこちらの方向を目指している。だから自分も、その方向で頑張る」といった視点を持てば、努力が報われやすく、挫折しにくくなります。

体力が落ちたり、疲れやすくなったりする人は、年齢的な要因もあるかもしれませんが、若い頃に比べて運動する機会が減っていることが大きな理由だと思います。その証拠に、トライアスロンを趣味にしている年配の方は、僕よりもよほど体力がありますからね。

「Aクラスの人は、Aクラスの人と仕事をしたがる。Bクラスの人は、Cクラスの人と仕事をしたがる」。シリコンバレーでは昔からこう言われていました。グーグルでも「自分より優れた人を採用しなさい」と常に言われています。ただし、どんなに才能があってもコミュニケーションが下手だったり、あまりに偏屈で人の言うことを聞かないような人は採用されません。

よく、「講演やセミナーでの上手なメモのとり方を教えて欲しい」という質問をされますが、そういう人の多くは「どこからどこまでをメモするべきか」がわからないようです。内容のすべてをメモするのは無理ですし、大事な部分を聞きのがしたということになりかねません。私も実践しているお勧めの方法としては、「最も感動した部分だけをメモする」「言葉にこだわらず、イラストや図で描く」という2つのポイントです。

ファミリー向けの焼き肉レストランは名古屋が先進地でした。名古屋近郊に出かけては、1日に5件も6件も回りました。そうやって研究したうえで郊外店を出しました。

社員に対して「ダイナミックであれ」と呼びかけました。狭い分野に閉じこもるような、単なるエキスパートでは通用しないということを言い添えました。もちろん、エキスパート型の人材が不要になるというわけではなく、「世の中の動きに合わせて、ダイナミックな人材になってほしい」ということです。

ページの先頭へ