盛田昭夫の名言・格言|選択と集中をするためには自分をよく知ることが必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでも勝ち抜くためには、我々の貴重な戦力を本当に得意な専門的なものに集中しなければならない。自分の得意なところで勝つ以外にないんだということを、よく知らねばならない。得意なことだけ一生懸命やることによってのみ、競争に勝てる。これは簡単明瞭な原則である。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

コンサルタントの中には、優秀な大学を卒業したり、MBAを取得したからといって、現場に足を運ばない人もいます。しかし、これは間違っています。現場に行って、そこで働く社員を鼓舞し、前向きにさせることが本来の仕事なのです。

社員の心のベクトルは、扇形が理想です。全員が同じ方向を向くと会社として視野が狭くなりますし、バラバラな方向を向く社員がいても困ります。一定の広がりを持ちつつ、社員がおおよそ同じ方向を向かなければ事業は伸展しないのです。

傲慢になると、人は小さなこと、部下のちょっとした心の変化などに気づけなくなる。

企画書を読んでもらうには、まず相手に合わせること。どんな人に対しても同じ言葉、同じ文体を使ってはいないでしょうか。自分にとっては日常的によく使う言葉でも、相手に馴染みのないものかもしれません。業界や企業によって使う用語が異なるなら、それも事前にチェックして書き換えるべきです。

営業では商品自体を売るというより、商品がもたらす効果を提案し販売に結び付ける。この意識が肝心です。お客様の悩みや要望を細やかに把握して最適な商品を提案し、技術部門にも必ずフィードバックする。従来以上にマーケットインの商品づくりを推進していくことも不可欠です。

ビジネスはチャレンジ。チャレンジ精神を失った人間や組織に成長はない。

第三者の目から見れば、上司の手柄横取りは案外わかるもの。手柄を横取りされても、さほど心配する必要はない。

ページの先頭へ