盛田昭夫の名言・格言|社員の幸福は最大の関心事

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーに関係のあるすべての人に幸福になってもらうことが私の念願であるが、とりわけ社員の幸福は、私の最大関心事である。なんといっても社員は、一度しかない人生の一番輝かしい時期をソニーに委ねる人たちであるから、絶対に幸福になってもらいたい。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

今後も当社がこのまま続くと思ったら大間違いです。当然、お店を長く続けていけば、お客様から要求される商品やサービスのレベルは高くなると思います。時代の変化やニーズに対応しない店は生き残っていけません。

勝負の世界は、実際に戦ってみないことには、結果は分からない。

会社は公器だ。蛇の目は社会的責任のある企業である。私が社内の者に日ごろ、口やかましく公私の別を説くのも、マスコミから「ケチ経営の家元」みたいに言われるのも、発するところはこの「公器をお預かりする」という経営理念に基づいているからである。現在の経営者は、与えられた期間、この公器を大切によりよく育てて、次代に引き継ぎ、引き渡す任務を負っているのだ。

ミッションや経営理念というものは、世のため人のためといった、日常業務とかけ離れた内容であることが多い。それだけに、形骸化、陳腐化しやすいものです。だからこそトップは、繰り返しミッションを語り、常に組織全体に浸透させ、行動化できるよう働きかけ続けなくてはならない。

急いでぐじゃぐじゃにしてしまうよりも、はっきりした立ち位置を決めて、足りないピースを埋めつつ、重複したところは整理しながら、全体の絵を描いていきます。

いずれ切られる(かもしれない)と思っている社員が、会社のために力を発揮することはない。「自分は会社から大切にされている」という実感を持って初めて、社員は会社存続のために一所懸命働く。

人件費はコストではなく、会社の目的そのものだ。従業員に人件費を支払い、幸せになってもらうことこそ、会社が存在する大きな理由だ。人件費をコストと位置づけること自体が間違っている。

ページの先頭へ