盛田昭夫の名言・格言|勝つためには自分と敵を知り尽くすこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

勝つためにはどうしなければならないか。それには、敵を知り、己を知ることがまず第一。スポーツと同じで、勝とうと思えば、自分は何ができ、敵はどのくらいの力があるかを知らなければならない。要するに、自分には何ができるか、自分は何をやるのが一番得手なのか、自分のやっていることが上手くいっているかどうか、というように、己を知ることが肝心である。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報収集に必要な時間よりも、むしろゴールまでの設計図を書くところに時間をかけることが重要です。

自分が話をしているときに相手が一生懸命メモをとりながら聞いていたら、話をよく聞いてくれているな、熱心だなと思いませんか?その印象が大切なのです。人は、いい印象を受けた相手とは長くつき合っていきたいと思うし、仕事を任せたいと思うものです。相手に好印象を与えるには身なりを整えたり、内面を磨いたりすることももちろん大切。しかしそれだけでは不十分で、その言動も好印象をもたれなければ相手からの信頼は得られません。そう考えると、みなさんも私のメモをとる姿を快く感じ、信頼してくださったのではないでしょうか。その結果、私には3500人もの人脈ができたのです。

部下が面白い仕事、やりがいのある仕事ができているかは、マネジャーにとって重要な評価項目。

私は経営計画というものをこれまでつくったことはありません。ずっと足元を固めることに必死だったから、先のことを考える余裕などなかったのです。

一番大切なのは、気持ちです。本気で相手を欲しないと気持ちが通じません。中途半端な気持ちではダメ。
【覚え書き|人材獲得について】

「日本の強みを海外へ」という発想はこの際、捨てた方がいい。重要なのはドイツなどのように外資を活用することだ。世界の最先端を呼び込んで産業クラスターを作り、世界標準を日本で確立する。そのビジョンがなければ「いつか来た道」。ガラパゴス化した製品・サービスを生み出すだけで、いずれ衰退するだろう。

ある理論にこだわるようになると、何かを始めるまえに、やるべきか、やめるべきかという判断を下そうとするようになります。そうした判断は、決めるだけでも、時間がかかります。データを集めて、整理分析し、比較検討して、議論する必要があるからです。そして上司の了解を取らなくてはいけません。そうしている間にも、マーケットは変わっていきます。

ページの先頭へ