盛田昭夫の名言・格言|間接部門は大きくするな

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の企業は間接部門(直接儲けを生み出さない総務、勤労、人事などの部署)にたくさんの人間を抱えている。これに対する給料支払いは相当の金額になる。それに給料の値上がりが全部かぶさってきたら大変なことになる。給料は上がる、間接人員は減らせないでは、外国の企業に太刀打ちできっこないと思う。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

将来はまだ長く、これからの人生の中で、今が一番若く、可能性に溢れている。

どこを探しても小倉昌男(創業者)のような人材はいない。自分もなれないが、みんなで考えればできるし、なれる。

私は、人を採用するうえで大切なのは、まず相手の立場に立って考える優しさがあるかどうかということ、そして次に健康だと思っています。それが必要条件。頭がよいかどうかは、私に言わせれば十分条件です。

「ゼクシィ」は400億円事業に成長しましたが、当初担当者が提案しては経営陣から却下されるということの繰り返しだったのです。それでもあきらめないで食い下がるから、ゴーサインを出したところ結果的には大成功。「ホットペッパー」と並んで、バブル崩壊後の苦境を救うリクルートの救世主になりました。

ニューヨーク支店時代よく考えていたのは、「この1時間にどれだけの仕事を詰め込めるのか」ということでした。効率化して時間を短縮するのではなく、使える時間をいかにフル活用するかということです。

僕は本社工場にものすごくこだわりがある。製造業である限り、モノつくりで生きていこうとする限り、経営の方針を決める本社は現場から離れてはいけないという信念があるからです。

失敗してもいいんです。若い頃は、失敗しないとわからないことの方が多いんですから。「ああ、そうだったのか」とか「ああすればよかった」ということが多いほど人間として成長できるチャンスが多いと思いませんか?

ページの先頭へ