名言DBは仕事、経営、ビジネスで使える名言集です

新着名言

元気が欲しいとき、癒やされたいとき、気合いを入れたいとき、疲れたとき、名言がパワーをくれる!

アイデアに詰まったとき、仕事や人生で悩んだとき、変わるきっかけ・勇気が欲しいとき、名言が新たな視点とヒントをくれる!

電車やバスでのヒマな移動時間、ちょっとした休憩時間、仕事の合間、名言は楽しみと発見を与えてくれる!

名言DBは、ビジネス、企業経営、仕事、起業、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。

名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

新着 名言 新着 名言

川村隆

業績が回復基調となり「非常時から平常時」へと戻るタイミングこそが危ない。業績に甘んじて課題のある事業を放置すれば、再び業績低迷へ逆戻りしてしまう。


船津康次

どんなに斬新なアイデアでも、市場に通用するサービスにするのは人。まずはきちんとした組織をつくらないと成果は出ない。そこに重点を置きました。


小野譲司

多様な価値観の顧客を取り込もうとすればするほど、満足していない顧客も取り込むことになるため、平均的な顧客満足度は自然と低下していきます。満足度の高い企業や業界には一つの傾向があります。それは、顧客のターゲットが絞られているということです。


川村隆

組織の未来を決定し、社員のやる気・本気を醸成することもまた、リーダーの責任です。日本には優秀なマネジャーがたくさんいますが、組織の未来を決定するのはリーダーたる社長の役割です。


川村隆

我々が日立製作所の立て直しにあたって最初に手をつけたのは、成長事業の育成と課題のある事業の構造改革を両立てでやっていくことでした。経営はリストラと同時に、「これからこの分野で食っていく」という方針を社員に見せていくことが重要なのです。


宮田拓弥

シリコンバレーはオープンなようでいて、じつはインサイダー(内側の人)にならないと有益な情報が回ってこない閉鎖的な世界。魅力的な投資先と出合いたければ、まずインサイダーにならなくてはいけない。


宮田拓弥

日本の大企業は足元の業績が悪くないので、危機感が薄い。ガラケーがスマホに代わってシャープの業績が急降下したように、いま業績のいい会社も5~10年後には滑り落ちるおそれがある。トップが危機感を持っていれば、もっと本気で取り組むのではないかと思っています。


船津康次

「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」。リクルートの元会長・江副浩正さんの言葉です。私は仕事の中でこの言葉をとても大事にしてきました。振り返ると、自ら機会を創り出すことによって自分自身が変わってきたと実感しています。


山口誠一郎

モットーとしていることは、「変化を恐れず、楽しむこと」です。もちろん、そこにリスクは付きものですが、ベンチャー精神を持って挑み、新しい扉を次々に開いていく。扉の向こうでは必ず成長の可能性が待っています。


鈴木貴子(経営者)

企画書ではコンセプトはひとつの言葉に絞るべきです。「洗浄力モコ泡わトイレクリーナー」のコンセプトは「泡がお掃除してくれる楽しさ」です。その後に示されたパッケージデザインも、使用シーンをうまくビジュアル化できました。この時点でヒットが約束されたといっても過言ではありません。


山田進太郎

結局、ぱっと聞いて、誰もが何なのかわかるサービスでないと、一般の人に使ってもらえない。どんなサービスなのか、一言で言えるのがいいサービス。それはBtoBだろうがBtoCだろうが変わらない。


澤田貴司

今日、身に着けているワイシャツはファミリーマートの「ストレッチドレスシャツ」です。今秋の限定販売に先立って着てきました。靴下と下着もうちの製品です。自社製品をとことん愛しています。その気持ちなくしてトップに就くことは社員に対して失礼極まりないと思います。


小山龍介

いつ何時でも即時対応することが求められる時代に必要な整理術とは、物事をリアルタイムに処理していくために、プロセスを究極までシンプルにしていくことなんです。つまり、プロセスそのものを整理することが大事です。


高橋政史

解決しない問題の多くは、ゴールが不明確なため、取り組むべきことが見えてこないのが原因です。まずは具体的な数字をあげてゴールを設定する。そして現状の重要な事実を3つほど抜き出し、ひとつひとつに、状況解釈と行動提案を見つけていく。そうすると問題が整理され、解決策が見えやすくなります。


高岡浩三

ネスレでは報告書はありません。報告書を作成するくらいなら新たな問題発見に時間を割くべきだからです。社長に就任してから日報も廃止しました。売り上げなどの数字があれば、報告すべきことはそんなに多くないでしょう。


高岡浩三

私は「問題解決」より、「問題発見」を重視すべきだと常々主張しています。日本が、企業や教育の現場で問題解決能力ばかり重視してるのは、ハッキリ言っておかしいですよ。だからイノベーションが起こらない。顧客の問題発見こそが「仕事」で、ほかのすべて「作業」にすぎないと考えて欲しい。


鈴木貴子(経営者)

「価値の提供」はとても大切です。私は、エステーに入社する前に外資系高級ブランド会社に在籍していました。高級ブランドのバッグはとても高価なのに、お客様は喜んで買ってくれるのです。そのバッグを持つことで得られる満足感を体験しているからにほかなりません。


鈴木貴子(経営者)

私が企画書で重視していることは、まずターゲットが誰か。次に、日常生活で使うシーンの具体的な描写。そして、これまで世の中になかった価値の提供という3点になります。


山田進太郎

事業計画書をつくるうえで気をつけたことは、「わかりやすさ」です。私はこれまでも新しい事業をつくる過程で、多くの失敗を経験してきました。そこから学んだことは、わかりやすく伝えられることが重要だということです。


ジャック・マー(馬雲)

eBayが海を泳ぐサメだとすると、私たちは揚子江にいるワニです。海で遭えば、負けるでしょう。ですが、川ならば、私たちの勝ちです。

【覚え書き|eBayの中国進出について】


ジャック・マー(馬雲)

自分は不細工だが世界を変えた。人生に困難が待ち構えているからこそ、努力を重ね、大人物になったのだ。


ジャック・マー(馬雲)

起業家には落ちこぼれが向いています。頭のいい人は、いい会社に入り、そこそこの仕事をする。でも、私のような落第生は、どこにも入れないので、自分でやるしかなかったわけです。


栗原信裕

社員が仕事のやりがいをより感じて、チームで成果を出す喜びを分かち合えるようにすることが、事業の成長につながる。


辻庸介

最初は失敗の連続ですよ。毎日ヤバい、ヤバいと言っていました。でも、最低3年は続けようと決めていたので、起業をやめようとは思わなかったですね。リスクを取らない限り、イノベーションは起こせませんから。


辻庸介

サービスづくりにおいてはとにかくユーザーにフォーカスせよ。自分たちの思っていることとユーザーの考えていることは全然違う。仮説を立てて、小さく試して反応を見てから実際のサービスに落とし込んでいけ。


手代木功

下の人間に変化を促すためには、まず上の人間から変わらなければいけません。そこでユニット長やその下のグループ長など「上司」の教育にも注力しています。


辻庸介

起業で一番しんどいのは、仕事が進んだ感じがしないことです。ひたすら暗闇を必死に走り続けているのに、ひょっとしたら出口は反対方向かもしれない恐怖感と常に隣り合わせでした。


手代木功

社長にもなると会社では私の悪いところを指摘してくれる人は皆無ですから、駄目出しをしてくれる家族は貴重な存在です。我が家での序列は、妻、息子たち、犬、そして一番下が私です(笑)。でも、私も息子たちにはまだまだ負けられませんから、頑張ろうと思えます。


市川典男

当社は消費者の不満要素を減らすよう、細かい改善を徹底的に重ねている。目に見えない部分、普段は気付かれない部分に象印の強さがある。5年、10年といった生活家電の買い替えサイクルの中で、当社の良さを分かってもらえる商品作りをこれからも続けていく。


市川典男

これからも、次の時代を見越して会社の形を変えていく必要があるが、「暮らしを創る」という企業理念は守っていく。暮らしに便利な商品を提供するために、「日常生活発想」という企業スローガンも掲げている。


市川典男

生活家電は毎日使うもの。おいしさに直結する基本機能をどこまで高めるかが勝負。そうすれば価格競争にならずに買っていただける。


宮坂学

ヤフーは新しいテーマを掲げるべき時期に来ている。新しい挑戦をするときは新しいリーダーシップで行うのが適切だと考えた。

【覚え書き|代表権のない会長になった理由について】


畑中好彦

(後継社長選びのときは)効率的に目標を達成するにはどんな「変化」が必要かを考えただけ。私情など挟む余地はない。アステラスの安定は、変わることでしか得られないのだから。


藤田耕司(経営コンサルタント)

日付を決めておかないと行動せず、ずるずる先延ばしにしてしまうものだ。


御手洗冨士夫

進退は自分で決めろ。自分で使命が終わったと思ったら、辞めればいいんだ。本社を向いて仕事をするな。おのおので一流会社を目指せ。

【覚え書き|現地法人のトップたちに対して】


鈴木修

無能かどうかというのは時代の変化によって違いますね。混乱期はファイトがあって、ロスも大きいけれど挑戦する「戦う人」がいいですね。逆に平時はまあまあまあでやることが必要なんですね。


齋木昭隆

交渉を通じて何をとらなければいけないのか。相手は何を求めてくるのか。シナリオを綿密に描いて臨む必要がある。


齋木昭隆

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。


齋木昭隆

「外交に携わる我々の仕事は駅伝のランナーのようだ」。尊敬するある先輩は常にそう語っていました。定められた区間を全力で走り、タスキを次の走者に渡す。駅伝には終わりがありますが、我々の仕事はそうではない。それでも外交を担う者は常に懸命に走り、次につないでいかなければなりません。


ヴェルナー・バウマン

米モンサントの買収提案を発表した時から、私は買収完了までの道のりは短距離走ではなく、マラソンだと言ってきた。実際の審査は長距離のトライアスロンのようだった。


田中和彦

もう「いつか」という考えからは卒業すべきです。「いつか」という言葉には納期がありません。これからは「いつかパリに行きたい」ではなく「○○までにパリに行きたい」と納期を決めて行動してください。


田中和彦

何歳になっても落ち着いたら駄目です。昨日と同じ今日を過ごせば、明日も変わりません。そんな慣性の法則から脱し、新しいエネルギーを発揮しましょう。


田原総一朗

本当に強い国というのは、言論の自由が根付いている。自由に意見を言い、議論を交わした上で一つにまとまる国ほど、強い結束と柔軟性がある。


浜矩子

過去の成長戦略の夢を追っているから不幸感が高まるんですよ。


田中和彦

チームを作るとき、自分が扱いやすいメンバーを集めがちですが、多少クセのある持ち味の違ったメンバーのほうが、ひとつにまとまれば絶大なパフォーマンスを発揮してくれますよ。


田中和彦

自分の弱みを克服しようとするのは効率が悪い。伸ばすべきは強みです。弱みの克服は平均的な人になるだけです。強みを伸ばして差別化しましょう。


石田淳(コンサルタント)

私がアンケート調査をしてわかったことですが、続かない人というのは、結果を100か0かで判断しがちなんです。70点のことができていても、100点じゃないからといって途中でやめてしまうんです。


石田淳(コンサルタント)

「1日1時間勉強する」と決めた後、なかなか守れず挫折する人は意外と多い。非常にもったいないですね。それなら、「1日10分」と量を減らせばいいだけです。「そんな小さい努力をしてもムダでは?」と思うかもしれませんが、継続は必ず力になるものです。


大坪勇二

たいしたことをやる必要はない。重要なのは難易度の高さではなく、「決めたことをやった」という事実。簡単なことでも、きちんとやれば達成感は得られるし、続けていれば習慣化して、目標達成への道筋もクリアに見えてくるはず。


石田淳(コンサルタント)

現実できる目標の立て方4か条

  1. 本当にやりたいことを目標にする。
  2. 抽象的な目標は数字化する。抽象的な目標のままだと、具体的で効果的な行動に落とし込めない。
  3. あり得ない目標は立てない。大志を抱くことは大事だが、理想が高すぎると現実味がわかないし、日々の行動にも落とし込めない。
  4. 月や週ごとのサブゴールをつくる。1年後だけだと日々のモチベーションが起こりにくい。サブゴールを小刻みに設定すべし。

ページの先頭へ