名言DBへようこそ。仕事、経営、ビジネスで使える名言を集めています

このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトは、ビジネス、企業経営、仕事、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

ホットパーソン

川崎博也(神戸製鋼所)新着 名言
小池百合子(東京都知事)
ドナルド・トランプ(米国大統領)

心屋仁之助(心理学者)
水木しげる(漫画家)
松岡修造(テニス)
ひろゆき(西村博之)(2ちゃんねる)

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。また、実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言集および格言集は、社会人にとって最大の宝である。もし前者を適時会話に盛り込み、後者を適切に記憶に呼び起こすならば。(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


新着 名言 新着 名言

ちょっとした効率化をしているかどうかで、大きな差がつくもの。


私たちの会社は「1兆円企業」になった。世界で勝てる「10兆円企業」を目指すなら、変わらなければならない。脱皮しない蛇は死ぬ。


仕事のやり方も日々、見直しています。長年やってきた仕事のやり方の「無駄の多さ」に、愕然とする日々です。


現場で汗をかいて働く。営業したり、販売したりして、現場の最前線に立ってみる。すると、自分たちは商品の技術力に自信を持っていたけれども、お客さんは安さを第一に求めていた、など、ギャップに気づくことができる。


私が心がけているのは「常にご機嫌でいる」こと。ご機嫌でいればどんな仕事にも熱中できますし、それが結局、成果にも繋がる。健康はご機嫌でいるための条件。


私が営業マンに言っているのは、「朝10時までに雑務を7割片づけろ」ということ。すると、そのあとは営業活動に集中できるので、そのぶん成果が上がるのです。


決断に確信を持つには、自分が先頭に立って行動し、ある程度の結果を出すことが重要。


仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


心がけるべき「コミュニケーションの習慣」は「相手を観察すること」。いくら世代が違っても、相手の感じ方や価値観を知れば、どう接するべきかの答えはおのずと見えてくる。


今の私があるのは、挫折しても腐らなかったから。うまくいかなくても、人をうらまず、今できることを一生懸命する。成功するためには、これが一番大切なこと。


国は人を裏切り、人は人を裏切るが、努力だけは人を裏切らない。


何かを続けたいと思ったら、まずは、その習慣化したいことの先にある夢や目標を明確化すること。


「プロフェッショナルであること」が大切。特に35歳くらいまでは、何か1つ、「これだ」と思う専門性を磨き、強みにしていくことに注力した方がいい。


人は、誰かに質問されたときに良い話をするもの。これを意識しておくといい。


自分と真剣に向き合って、「今どんな経験が自分に必要なのか」を日々問いながら、毎日を過ごす。そして「これこそ我が人生」と思える日々を過ごしてください。


忙しい40代は「60点の健康習慣」を目指すべき。難しいことを最初からやろうとせず、日常生活の中で少しだけ気をつければいいことだけをやるのです。


ときには「ニッポン人」をやめてみましょう。海外に行くとサービスの悪さに唖然とすることがありますが、ああいうマインドも効率化には大切。


働き方改革には投資が必要。カネも出さずに改革なんてあり得ない。確かに、支出せずともできる「小さな改革・工夫」はたくさんある。ただ、そうした工夫だけでは、限界がある。


平日はアポでいっぱいなので、頭を使って考える仕事は、土日に出社してやっています。


読んだ本の内容を身につけるには、アウトプットする習慣を持つこと。読んだら誰かに、その内容について話すのです。


将来のあり方を作るのは今の自分。人生の後半戦に備えるために、悪い習慣の棚下ろしをするか否かが大きな分岐点になる。


原因であるストレスを減らしていく根本療法も重要。ストレスが減ることで悪い習慣への欲求そのものが減退して、より生産的な時間の使い方ができるようになる。


相手を観察し、タイプを把握しましょう。相手の望みに即したコミュニケーションが、信頼の源となる。


習慣化するには「なんのためにやるのか」という目的を明確にすることも必要。誰かに勧められても、それが自分にとって本当にやりたいことでなければ、長続きしない。


自分が決めたタスクを実行している状態から1日がスタートすると、達成感・片づいた感が生まれ、自分が時間の主導権を握っている感覚が得られるので、忙しくてもストレスが溜まりづらくなる。


良い本は何度も読むことで自分の血肉となる。そんな本に出合うためにも、まずは読書習慣を身につけましょう。


良い仕事をするためには、なんにでも好奇心を持って、体験してみることが重要。


プロとは、孤独を引き受けて、自分で自分の人生を切り拓いていかなければならないもの。


僕の場合、良い作品を作るという目的はもちろんですが、それと同時に、良い作品へと向かうプロセスを楽しむことに興味があるのだと思う。


良い習慣を身につけるには条件がある。それは、自分に自信を持っていること。つまり、「自分ならできる」という自己肯定感を持つことが不可欠。


他の人が思いつかないようなところまで徹底して工夫し続けるのが私の習慣。スピードを意識して工夫を重ねれば、誰でも今の3倍は仕事が速くなる。


私は、「すべてのことは、もっと速くできる」と考えています。だから、どんな行動でも「1秒でも速くできないか」と考えて、工夫することを習慣化しています。


「判断」は、管理職の重要な仕事。ここで迷いやブレのない迅速な対応をするためには、自らの判断基準をきちんと持っておくことが必要。


思いつきで進めるのではなく、確固たる軸や信念を持って臨むことは、仕事の精度アップ、成果物のクオリティ向上にもつながる、最重要の基盤。


「やらないことを決めている」のが「できる人」の大きな特徴。人に任せても良い仕事を自ら抱え込んだり、重要性・必然性のない仕事を慣例だからと漫然と続けたりするのはやめましょう。


今期が黒字でも、3年先、5年先のためには、まだ努力すべきことがある。


考えさえすれば、何かしらの方法が見つかるもの。


経営マインドを持った人材の育成には、小さくてもいいので自らの責任で部門運営をさせることが一番。


ほどよい緊張関係が、現場を活性化させる。


悔いはないか常に自分に問いかけ、熟考してきた。


大きな責任を負っているというプレッシャーをむしろ楽しみたい。


コミュニケーションを改善して、個の力を組織の力に変えていけば、ビジネスがさらに拡大していく。


会社は、社長が引っ張っていかなくちゃいけない場面がある。だからリーダーシップが重要。


残念ながら想定とは異なることが起こってしまったことはありました。結局、走りながら考えて補正していく。やっぱりそれが一番重要なんじゃないですか。


完璧な仕事ができなくてもあまり落胆しないことも大切。完璧にできなくても、軽く反省するくらいでいい。ゲームで少しポイントが減点されるくらいのもの。努力はいずれ何かしらの役に立つはず。


成功している人は、皆さん、家族や友人、同僚といった仲間をとても大切にしている。周りの人を大切にしている人は、周りからも大切にされるようになる。


私の根幹には、営業マンとして目指すべき姿があります。それは、お客様にとって「信用できる人」になることと、「問題を解決できる人」だと思っていただくこと。


社長就任後に最も力を入れたのは、組織の方針や価値観を社内に浸透させること。それらを端的なキーワードに落とし込み、何度も繰り返し言い続けることを心がけています。


多くのご縁に恵まれたのも、日本刺繍で一本筋を通してきたからこそ。人間の関係は、ひとつの軸を起点に大勢の人と関わるのです。


私の人生の節目ではいつも逆風が吹いていた。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ