名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

名言DBは仕事、経営、ビジネスで使える名言集です

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元気が欲しいとき、癒やされたいとき、気合いを入れたいとき、疲れたとき、名言がパワーをくれる!

アイデアに詰まったとき、仕事や人生で悩んだとき、変わるきっかけ・勇気が欲しいとき、名言が新たな視点とヒントをくれる!

電車やバスでのヒマな移動時間、ちょっとした休憩時間、仕事の合間、名言は楽しみと発見を与えてくれる!

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは、ビジネス、企業経営、仕事、起業、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。

名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

 

新着 名言 新着 名言

棚橋弘至

未知の世界に挑戦するのは僕も怖い。でも、怖いぶん得るものもあるはず。自分はこんなものだと決めつけないで、可能性を切り拓いてほしい。


棚橋弘至

どんな仕事でも、プロの条件は、他者の喜びのために頑張れるかどうかだと思います。自分が格好良く見られたいとか、勝ちたいというのは二の次でいい。


佐藤浩市

先輩のアドバイスには、自分のどこを反省して自分の糧にできるのかという「財産」が眠っている。


三谷宏治

「前提を疑う視点」から考えはじめること。そこから常識を覆すような大きな発想が生まれる。


棚橋弘至

自分を後にするのは損に見えるかもしれませんが、お客さんや家族のために頑張るほうが力は出るので、結局は自分にとってもいい。


室井俊男

チームに対する想いか強い人は、自然と仲間が信頼を寄せる。「最高のチームにする」という意識で仕事に取り組めば、サポート体制も強力になる。


室井俊男

失敗ゼロなら信頼されるとは限らない。数多くの失敗を経験し、その蓄積を現場に活かす人が頼りになる。失敗こそ財産にし、分析と学びを次に活かすことが重要。


室井俊男

どんな仕事も、やる人の心がけ次第。雑用だからと手を抜く人に、重要な案件は任せられない。雑用を素早く、正確にこなしてこそ次のステップがある。


西多昌規

ささやかな親切をしてみよう。見返りを求めずに誰かのために親切な行動をすると、自分のためにやったとき以上に自己効力感が得られる。「同僚にお茶をいれてあげる」といった小さなことでも効果がある。


西多昌規

人の評価が気になるのは、「ちゃんとやっている」と自分に自信を持てないから。自信を取り戻すには、成功を積むことが大切。簡単にクリアできる目標を毎日一つ掲げて着実にこなし、達成感を味わおう。


西多昌規

まずは肉体の疲労をとろう。体が疲れていると「どうせ自分は駄目だ」と、自虐的になりがちで、人の評価に依存しやすくなる。睡眠時間を確保し、まずは元気を取り戻そう。蓄積した体の疲労がとれると、心に自信がわいてくる。


大倉忠司

どんな経営者でも、最初は「お客様の満足が第一」と考えるものです。しかし、いつの間にか、もっと楽に利益を出したいという誘惑に勝てなくなるんです。最後はどこまで愚直に「お客様目線」を貫けるかの勝負なんです。


小林章浩

すべての業務について「今年より来年をもっとよくしていこう」と回し続ければ仕事も組織もどんどんレベルアップする。


西秀訓

実は僕には「失敗」という感覚がないんですよ「まだ終わっていませんよね、いまって成功する途中ですよね」と考えちゃう。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

上が細かい所まで知りすぎると下はごまかしがきかない。事業のスピードは上がります。部長陣と一緒にプロジェクトの話をとことん突き詰めて、進捗に向けて尻をたたく。厳しいですがこうした取り組みを積み重ねるつもりです。


小谷眞由美

当社では「できない、無理だは出発点」と捉え、常にポジティブな思考で新たな技術を創出しています。この情熱が新商品を産む原動力になっています。


池谷保彦

ありがたいことに、事業そのものが、公益性が高く地域社会に貢献することができる仕事だと考えております。仕事を頑張ることが、社会のためになる。心から幸せを感じることができる仕事です。


大倉忠司

「やらないこと」を明確にして、その分、「やるべきこと」に心血を注ぐ。このメリハリをしっかりとつけることが、強い事業を作る最短ルート。


大倉忠司

引き算の発想でシンプルに考える方が、会社の成長にとって本当に重要なことが明確になる。社員に対しても、うちはこういうことは「やらない」と言った方が、目指す方向を共有しやすくなる。


大倉忠司

私はこれまで、「他社がやっているかどうか」を基準に経営判断をしたことはありません。すべては、「お客様の満足につながるか」「事業や従業員のためになるか」で決めてきました。だから、業界では常識でも、烏貴族では「やらないこと」がたくさんあるんです。


大倉忠司

きちんとお客様に支持していただくには、単に事業の効率化を追求するだけでなく、様々な業界の常識を一つずつ打破していく必要がある。


小林章浩

時間をかけて大きな変革を成し遂げなければならない場面も出てきます。その意味で、長期的な視点から戦略を考える同族経営の良さはあると思います。卸事業という祖業からの撤退も、創業家の経営だからできた決断かもしれません。


小林章浩

毎月アイデアを出さないといけない環境になると、もともとアイデアマンでもなんでもなかった人が、癖がついて誰でもアイデアマンになります。提案する癖がついた人材がたくさんいるというのは強い。小林製薬が100年後も持ち続けなければいけない風土です。


小林章浩

仕事というのは、問題を見つけてアイデアを出し、実行して成果を出すことの繰り返しです。商品開発だけでなく、どんな仕事もそう。そしてアイデアを絞り出すところが一番しんどい。


ジャスパー・チャン

顧客の問題を解決しようとすると、そこには技術的なソリューションが存在します。私たちがこうしたソリューションを実現すれば、最終的に、顧客は自分の時間をほかのことに利用できるようになります。アマゾンは独自の顧客中心の長期的な視点に立って発明を続けています。


ジャスパー・チャン

アマゾンは何かを破壊しようとしているわけではありません。我々は他社との競争に全く執着していません。アマゾンは、顧客に対して世界で最も多い選択肢を提供し、世界で最も顧客中心主義の会社になろうとしているだけです。ただそれだけを我々は純粋に追求しています。


青井浩

「アマゾンエフェクト」に象徴されるように、実店舗を持つ小売りとオンラインの小売りは敵対関係にあると捉えられてきました。しかし敵対を続けているとやられてしまう。むしろ両者が共存共栄する「第3の道」を目指すべき。


西秀訓

「効率が悪い」「成長が遅い」と言われても、安易に諦める方がむしろ非効率なんです。第一、「失敗だ」なんて考えても凹むだけじゃないですか。求められていることをできるようにと考える方がずっといい。最終的にはそれが数字につながると思います。


西秀訓

スタートアップ企業は別にして、普通の会社は存続していくための利益の、8割ぐらいは既存のビジネスの中から生まれてきます。この、企業に決定的に重要な8割の部分を支える人材は、訓練と経験で必ず成長する。才能の差は事実上ない。


香山誠

先進諸国には技術力はあるかもしれませんが、それによる既存システムの破壊は間違いなく新興国から起こります。したがって、日本の将来の姿を見ようと思えば、現時点では新興国側を見た方が良いでしょう。


秋山勝

リーダーシップは大事ですが、現場の意見を顧みず、経営者のトップダウンで決めてしまうのはあまりいい結果を生まない。


中島一明

「同業他社が使っているから」という理由で導入するのはお勧めできません。目的と目標をよく吟味すべきです。


及川智正

農業にしっかりと情熱を燃やしていきたい。「農業に対する情熱は誰よりも熱い!」「日本で一番、いや世界で一番農業に熱いのは及川です!」と胸を張って言えるくらいの仕事をしたい。


及川智正

私は企業家を志す人たちからよく相談を受けますが、彼らに対しては「相談する前にまずやってみなよ!」と言っています。やってみないと何も分かりませんから。やってみて困ったことがあったら、相談に来ていただければと思います。


ウォーレン・バフェット

成功するうえで最も重要なことは、誰と結婚するかだ。


河野貴輝

情報を得るときには、こちらも差し上げる情報が無いとギブアンドテイクになりません。自己研鑽に努めて情報を出せる人間にならないと、情報は入ってきません。


河野貴輝

海外でも国内でも、あまり同じ所には留まらないようにするというのが私のポリシーです。そうしていると、情報に敏感であれば勝手に感じるのです。いかに感じるかが私の情報と言えます。


河野貴輝

会社の経営が傾くほどのリスクテイクはいけない。しかし、経常利益の範囲内であれば思い切って投資をすべき。


河野貴輝

自ら思い付き、自分で法則をゼロから創り出すことに意味がある。


河野貴輝

求めているのは、がむしゃらに突き進んでいく根性のある人。飢餓感がないと学ぼうとせず、成長できない。逆に飢餓感がある人は自ら勉強し、吸収しようとする。少し話せば分かるし、目つきに出る。


河野貴輝

経営をする上で心掛けていることは、若さです。物理的な年齢ではなく、思考が新鮮かどうか。それと情熱を持って行動を起こせるかどうかが重要です。私は新しいことに挑戦しているときがワクワクし、夢を語って、何かを創り出すことに生き甲斐を感じます。


河野貴輝

やみくもに新規事業を始めても成功確率は低い。「飛び地」は難しいので、コアビジネスの周辺事業から手を付ければ、1+1が3にもなる。


大竹美喜

歴史というのは武器です。歴史を振り返り、ふるさとの成り立ちや地元から出た偉人に学べば、もっと自分のふるさとに誇りを持ちます。地方創生と言っていますが、その前に地元を盛り立てる人づくりが先。


鎌田實

日本中いろいろな問題を抱えているけれど、一度ダメージを受けたら駄目になるのではなくて、私たちの中にはそれらを乗り越えて行く力があるのではないか。まだまだ日本は捨てたものじゃない。ちょっと発想を変えれば、輝く生き方ができるのです。


平手智行

すべての経営者と同じく、私にもストレスはあります。仕事中に私が笑顔でいることも大事ですから、朝のジョギングや週末の水泳でストレスをなくします。単調な動きの繰り返しなので、運動中に仕事の課題が整理できて一石二鳥なんですよ。


平手智行

全員が参画する形をとってからは社内に活気が出て、お客様との信頼関係もより強固になりました。おかげさまで増収増益。これは社員それぞれが主役になったからこそ、成しえたことだと思います。


荒木恭司

仕事がなければつくるしかない。


上田隆穂

商品の価値が消費者に伝われば、適正価格を上げることができる。


岡本真一郎(心理学者)

一つの方法がいつまでも通用するような、単純な価値観で処理できる仕事はどんどん世の中から減ってきています。むしろ、複眼的に物事を捉え、仕事にあわせて自己をアップデートできる人材のほうが、今後活躍できると言えます。


寺畠正道

常に先を見て判断をする。利益が出なくなってからでは、何事も適切な判断を下せなくなります。仮に撤退するとしても早めに対処し、従業員に対しても常にフェアであることを心掛けています。