名言DBは仕事、経営、ビジネスで使える名言集です

新着名言

元気が欲しいとき、癒やされたいとき、気合いを入れたいとき、疲れたとき、名言がパワーをくれる!

アイデアに詰まったとき、仕事や人生で悩んだとき、変わるきっかけ・勇気が欲しいとき、名言が新たな視点とヒントをくれる!

電車やバスでのヒマな移動時間、ちょっとした休憩時間、仕事の合間、名言は楽しみと発見を与えてくれる!

名言DBは、ビジネス、企業経営、仕事、起業、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。

名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

新着 名言 新着 名言

松村真宏

失敗なしにイノベーションは生まれない。遊び心を持って、楽しみながら試行錯誤してみてほしい。


山﨑武司(山崎武司)

長く頑張る秘訣は、自分に「励み」を持つことかな。コレがあるから頑張れるっていう何かは、人それぞれでいいんです。散歩とかお金のかからないことだって、いくらでもありますよ。僕なんて、睡眠が何より楽しみですから(笑)。


山﨑武司(山崎武司)

日頃の練習方法は、基本的には自分の好きにやらせてもらっています。そうやって主張して、自由にできるということは責任も求められます。結果を出せなければ排除されて当たり前。


国部毅(國部毅)

環境が変わっても変えてはいけないのが、お客様本位ということです。そのために我々の業務を見直すべきなら見直し、かつ従業員が生き生きと働ける職場にしていきたいですね。


国部毅(國部毅)

我々は受け身ではなく、能動的に自らを変え、新しい価値を提供することで、企業、産業、社会の変化をリードしていく存在になりたい。立ち止まるということは、後退するということですから。


角田晃広

俺はネタ中に気が散ることはないですね。必死なんですよ。長いセリフが多い割に、覚えが悪いので。(相方)二人は余裕があるんでしょうね。俺はもうガッチガチでやってるから。一生懸命です。


飯塚悟志

結局は追い込まれないと駄目だよね。だから、どこまで自分を追い込めるかにかかっているのかな、集中力って。いくら集中力のない僕だって、単独ライブがあって明日が初日となったら、絶対に集中しますもん。


山﨑武司(山崎武司)

引き際は考えてますよ。必要とされなければ、やめるべきですからね。新監督になって、方針が変わるかもしれないけど、個人的には内分のスタイルを変えることはできません。だから、このスタイルを必要とされるようにやっていくしかないですね。


山﨑武司(山崎武司)

いい仕事をするために必要なのは健康管理。健康じゃなかったら元気になれないし、楽しくもない。僕も30代中盤から40代になって体力がガクンと落ちました。いまの練習はメリハリを第一に考えています。体を壊してしまったら意味がないですからね。


山﨑武司(山崎武司)

「三振してもええやんか」。そう野村(克也)監督に言われたとき、気持ちがラクになりました。僕はずっと三振してベンチに帰るのを嫌がってたからです。そんな風に言ってくれる監督は初めてでしたね。でも、その三振の中身が大事だと教えられました。


孫潔(ジェーン・スン)

旅行は違う国や地域の人々が互いを理解するとても良い方法です。政府だけでなく、民間も人々の理解を促進し、世界の平和に貢献すべきです。これはシートリップのミッションでもあります。


松村真宏

新しく考案した仕掛けを検証する際、最終結果だけでなく途中経過も行動観察している。どの段階で離脱してしまったのかを分析して、より良い仕掛けへと改善できるからだ。


松村真宏

仕掛けの要件は3つある。「誰も不利益をこうむらないこと」「行動を強制するのではなく誘引すること」「問題解決のために仕掛ける側の目的と、仕掛けられる側の行動の目的が異なること」。仕掛けは、魅力的な行動の選択肢を増やすともいえる。


国部毅(國部毅)

より多様な人材を採用していく必要があると思っています。我々は今、前例のない世界に生きています。課題を自分で発見して解決策を作っていく、という発想ができる人材が必要です。採用の段階からそういう人物を評価して、入社後も教育していくことが重要です。


国部毅(國部毅)

よく銀行ってあまり成長しないとか、いわれるじゃないですか。僕はそんなことないと思うんですよ。面白いと思いますね。エキサイティングですよ。もちろん簡単な環境じゃないけど、非常に取り組みがいがある。


小林喜光

誰も拾わないような火中の栗を拾ってこそ、経営者やリーダーの価値がある。


西和彦

僕は、自分の心が求めることを正直にやってきました。もちろん、辛いこともありました。しかし、反省はあっても悔いはありません。未来を自分で決めてきた結果ですから。


若宮正子

歳を取ると頭や身体の働きが鈍くなるため、できないことや諦めることが増え、世界が狭くなってくるものです。しかし、何歳からでも新しい何かを得ようとする姿勢を忘れなければ、新しい世界を切り開くことができます。そうすれば、残りの人生を豊かにできるのではないでしょうか。


井上聡(経営者)

今の世の中は「常に上を目指すべき、もっと伸ばすべき」という発想にとらわれていますが、それは一種の病気。自然な状態ではないと感じるのです。


田中稔哉

アイデンティティを持っていないと環境に左右されるだけのカメレオン的存在になってしまう。


小林喜光

いろいろ理屈をつけて断るより、どんなに忙しくても仕事が来たらとりあえず受けてみます。逃げてはいけません。難題に直面すると負けん気が出て、気持ちが奮い立つのです。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

特別な手法で経営を立て直しているわけではありません。高速でPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを回しているだけです。修正点はすぐに直します。単純なことに見えるかもしれませんが、常に即断即決というのは休む暇もなくて大変ですね(笑)。


西和彦

これまでは難しい課題があるとマゾヒスティックに燃えるような性格でしたが、今は楽をして最大の成果を出すことを考えています。あくせく生きていては、本当の創造性は発揮されないと、この年になってようやく気付くことができました(笑)。


西和彦

これだけ様々な経験をしてくると、本当に人の価値観は多様だなと思います。批判を恐れずに言えば、周囲を気にするより、自分が本当に楽しめることだけを考えて生きた方がいい。


井上聡(経営者)

走りながら考える、瞬間的に挑戦する、ということは、僕たちが憧れるストリートカルチャーの影響かもしれません。瞬間、瞬間の勝負を楽しむ。そんな時間が一番充実している。仕事をしている時間は家族と過ごす時間よりずっと長い。ならば、後悔しないような使い方をしたい。


藤原和博

キャリアを積み、信用度を上げていくことは、自分の人生をどのようなものにしていくかを考える基盤になります。それこそが、人生設計すなわちライフデザインの本質。


藤原和博

人が何によって人を信用するかを考えることは、ひるがえって自分がどんな価値観を持ち、何を善としてとらえているかを知ることにもつながる。


船ヶ山哲

今後のビジネスをどのように展開していけばいいのか。それは、ビジネスにおける根源的要素をもう一度、振り返ることです。そこにこそ、ビジネスを勝ち抜く秘訣が隠されています。


野口悠紀雄

問われるのは、「自分の仕事の本質とは何か」ということ。それが明確になれば、その他の仕事は自動化してしまえばいい。このような発想ができる人にとって、テクノロジーの発達は仕事を奪うどころか、自分のやりたい仕事だけに専念する機会となるのです。


横山信弘

業績が悪化している会社ほど、会議が増える傾向があります。部下がきちんと仕事をしているか疑心暗鬼になった社長や専務が、とにかく部下を集めて叱りつけたいのです。部下は会議に縛りつけられるため、実務に携われる時間が減り、ますます業績は悪化します。


小暮真久

これからの時代にイノベーションを生みだすには、若い人のクリエイティブなアイデアやセンスが不可欠。そのためにも、上の世代は自分と異なる意見に耳を傾ける力が求められる。


中田敦彦

僕は自分たちに漫才やコントの才能があるとは思わないので、そこは勝負の場ではないと思っています。でも音楽に関することは強みですから磨き抜く。長所を伸ばし、短所は無視がモットーです。


小林弘幸

気分が落ち込んだときは、身体を動かすのが得策です。オフィスの階段を一、二階ぶん上り下りしたり、外に出て5分くらい歩き回ったりすると、血流がアップします。それにより副交感神経が高まり、冷静に事態を見る理性が回復します。


世古詞一

今の時代だからこそ必要なマネジメントスキルを挙げるなら、「褒める力」です。以前から言われてはいますが、ますます必要になっています。今の若者にとって、自分の存在が認められている安心感が仕事のモチベーションにつながります。


世古詞一

さらなる育成段階では、あえて自分で考えさせるマネジメントも大切です。これには時間と忍耐がいりますが、部下の成長のためには、いずれそうした関わり方も必要です。


久保田一美

まずは自分自身の人生を大切にして、そのうえで生産性の高い働き方を実現する「生き方ファースト」の実践。それこそが、これからの時代を生き抜く最強の働き方だと考えます。


久保田一美

変化のスピードが速い現代は、過去の成功体験にとらわれず、部下の意見を吸い上げて活用していける管理職が求められる。


小暮真久

若い人は発想力や企画力には優れていても、それを事業化するために必要な経営的視点や社会的信用が不足している。そこで、日本のビジネスシーンで求められるスキルや経験を身につけたベテランが若者の弱みをサポートすれば、実現する可能性は格段に高まる。


小暮真久

大事なのは、無理をしないこと。劇的に環境を変えなくても、ライフシフターの生き方を疑似体験する方法はいくらでもありますから、まずは自分の気持ちに素直になり、面白そうだと思うことをやるのが一番です。


小暮真久

私がいろいろな仕事や職場を経験してきたのは、別に最初から計画していたわけではなく、常に面白いことやワクワクすることを探し続けた結果です。


中田敦彦

したいことがあるとき、できる人を探します。50人の友人知人に声をかけ、その50人にもそれぞれ50人の知り合いがいるとして、およそ2500人から探すことになりますが、適任者の数が多いことに驚かされます。話を聞いてみると、意外と何かを持っている人、「できる」人は多い。


中田敦彦

僕は、何かをしたいと思うエネルギーが人一倍強い人間です。でも「したい」ことはたいてい、一人ではできない。そこで必要となるのが、できる人。周囲に「これできる?」「できる人を知っている?」と聞いて回ることは必須ですね。


中田敦彦

自分の才能を発見するために必要なのは「精緻さ」だと思います。たとえば「サッカーの才能がある」という言い方は、いささか大まかすぎる。得点力か、守備力か、ボールを奪う能力か。才能や能力とは、本来とてもピンポイントなものなのです。


中田敦彦

残念なのは、周囲の評価軸に即して「自分には能力がない」と多くの人が思い込んでいること。ズボラな人が、緻密性を要求される職場にいても劣等感を抱くだけ。目の前のルールに従おう、自分を変えよう、と頑張るのではなく、自分が合うルールや場に身を置き換えるのも一案です。


大前研一

危機感を持ち、なるべく早く経営全般のことを勉強し、「リーダー」としての経験を積む。その実践によってしか、リーダーシップは身につかない。


ムーギー・キム(金武貴)

成功している多くの人を見ていると、自分が好きなこと、面白いと思うことをやり続けています。好きなことだからこそ頑張り続けることができるのです。


ムーギー・キム(金武貴)

働くうえで「当たり前」と思っていることが、実は時代遅れなのだと認識することが、新しい働き方への第一歩。


加藤一二三

成功と失敗だけを尺度に仕事を続けていては、いつか行き詰まります。それよりも、夢中になれる仕事をしていきたいものです。


加藤一二三

私を始め、多くの棋士は勝敗以上に、将棋の醍醐味や感動を大切にしている。だからこそ、将棋を指し続けているのです。


加藤一二三

かねてより興味のあることを実行するのは、行き詰まった状況を打開し、自分の世界を変える一つの方法。ぜひ試してみてください。


大澤道雄

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


川越厚

死を見つめながらも、希望を持ち、今を生きることが、人間には可能です。多くの人は「死を認めると希望がなくなる」と思い、目をそらしてしまいがちですが、決してそうではないのです。


澤田貴司

社内ブレストも多く、年間600回以上は実施しています。常に本音で、つまらない企画は「つまらない!」とはっきり言いますよ。本音でぶつかりあったほうが、結果として良いものに仕上がります。


本田健

「もう少し様子を見てから……」ではもう遅い。時代の転換期を迎えた今、あなた自身も変わるべきときがきたのです。


加藤一二三

将棋をやめたいと思ったことは一度もありません。よく、「戦い続けるのは苦しいのでは?」と質問されますが、棋士が勝負に夢中になれるのは、勝負自体に感動しているからです。もっと言えば、考えている中にこそ喜びがあり、楽しみがある。だから、私は一番いい手を考えているときが何より楽しいのです。単純な勝ち負けの問題ではありません。


加藤一二三

私は、将棋は音楽のように、人を感動させる芸術と同じようなものだと感じている。


加藤一二三

対局中に相手の側に回り込んで将棋盤を眺める「ひふみんアイ」は、「見方を変えれば何かあるはずだ!」という直感から生まれました。


加藤一二三

私がライバルだと思っていたある棋士に、8年間勝てないときがありました。20連敗したのですが、そのときですら自分が弱いから負けたのではなく、たまたま負けただけだと思っていました。


大山健太郎

人それぞれの強みを伸ばすには、とにかく好きなことをやりたいという「願望」も不可欠です。好きなことは何でも身に付きますよね。私がなかなか英語を覚えられないのは、英語が好きではないからです(笑)。


大山健太郎

毎年、私は新入社員にこんな話をします。「学校ではできなくても知っていればいい成績をもらえたでしょうが、社会人では、できるか、できないか、が大事になります。できない限りは評価されません」と。


大山健太郎

知るだけではなく、行動を起こす力も必要です。「今を知る」ことに加えて、実際に「できる」ことが大切なのです。スマートフォンさえあればどんな情報も入手できる時代ですから、なおさらです。


佐藤航陽

会社組織は利害を共にする共同体でありながらも足の引っ張り合いなどの競争が起こる。ただ社員間で同じ思想や価値観を共有できていれば、着地点を見つけやすい。逆に、共通認識のない組織は短命だと言えます。


佐藤航陽

経済システムの研究を重ねてわかったのが「よくできた企業やサービスの共通点は、個人に依存せず仕組みで動く」ということ。会社組織にしても仮想通貨と同じで、管理者がいなくても、そこで働く社員が勝手に考えて勝手に動いている状態が理想です。だから私が社員に指示したり、注意したりするのであれば、それはシステムが甘い証拠。システムの設計者はその一部に組み込まれることなく、システムを俯瞰してチューニングするべきです。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

大切なのは目的意識を持って読むっていうことだと思いますね。経営学っていうのは私の場合、実践でやらざるをえないので、必ず目的意識を持って読むじゃないですか。そうすると、スーッと入ってきますね。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

高校時代を通じて、時間がかかっても、自分の言葉に置き換えて喋ることが理解することだと体得した。相対的に数学のほうが好きなのは、覚えるものが少なくて、よく考えると、時間をかければ解けるじゃないですか。


坂本光司

自分たちの会社は、何のために存在しているのか。一度真剣に考えてみてほしい。一言でいえば、それは社員やその家族、またそのほか関係する人たちを幸せにするためではないでしょうか。この思いがないと、どんな制度や仕組みをつくってもうまくいかないだろうと私は思います。


冨永照子

行政が現場の話を聞かないまま、よくわからないルールを押し付ければ、お店の個性が1つ減ってしまう。


清水喜彦

小説はフィクションですが、名作と呼ばれる作品はどこか現実の世界とつながっていて、参考になるんです。それを見つけ出すのも読書の楽しみの一つでしょう。


古賀信行

私自身が大事にしてきたのは、お客様、上司、部下と誰に対しても「相手によって言うことを変えない」こと。その場を取りつくろおうとし、ある人にはイエス、別の人にはノーと、対極の意見を述べる人がいます。発覚したとき、その人の信用はガタ落ちになる。私は絶対にやらないようにしてきました。


川島永嗣

体験するって大事だと思うんです。外国人と交流する場に参加したり、海外を旅したりする実体験が、英語を話せればいいなという漠然とした思いから、「話したい」「いろんな文化や考え方を知りたい」という強い欲求に変わるんだ思います。


鬼頭周

新しいビジネスを考えるときに私が強調することは「自分たちのつくってきたものを否定する」ということです。蓄積してきた知恵や労働力を違う領域で活用するためには、そういった考えが必要になると思うのです。


鬼頭周

新しいビジネスを始める際の「決まり事」はない。


池谷幹男

私の座右の銘は「平常心」。私自身の性格としては、何かに驚いたり、慌てる面があると思っています。ですから大事なのは「平常心」で、慌てずにいったん落ち着いて考えることを意識しています。その戒めの言葉なんです。


向谷匡史

上司への不満は上昇志向の裏返し。しかし役職が上がって、部下の愚痴をこぼすようになったら、人生のモチベーションを下げるだけ。


向谷匡史

人間関係というのは、自分という船の船底にこびりついたフジツボや牡蠣殻のようなもの。人生という海原を渡っていくうちにどうしても付着してしまうものですが、気になるなら自分で削ぎ落とせばいいんです。


鬼頭周

ソフトバンクは新たなビジネスを考える際に「やってはいけないリストはない」というDNAがあるようです。それはどんな分野にもあてはまります。


鈴木純(経営者)

プライス、バリュー、コストの中でコストを下げる努力は当然。バリューがプライスより上だったら、お客様はお得だと思って買って下さる。だから、価値を上げることが重要なんです


大島康弘(経営者)

既存の枠にとらわれずに、生活用品など衣料品とは違う領域でもデニム素材を活用し、あっと驚くような商品をお客様に届けていきたい。


下田美咲

常識を疑うことは常に意識しています。常識のせいで、盲点がずいぶん生まれてしまっているな、と思うんです。エッセイも小説も、読む人の目から、うろこが落ちるものを書きたいんです。何歳でも、どんな悩みでも、うろこが落ちることで見えるものがあるはずだから。


清水陽平

ネットの炎上を防ぐには、「常に公開されているという認識をしっかりともつこと」「価値観を押しつける発言は避けること」の2つが特に大事。


ページの先頭へ