名言DBは仕事、経営、ビジネスで使える名言集です

新着名言

元気が欲しいとき、癒やされたいとき、気合いを入れたいとき、疲れたとき、名言がパワーをくれる!

アイデアに詰まったとき、仕事や人生で悩んだとき、変わるきっかけ・勇気が欲しいとき、名言が新たな視点とヒントをくれる!

電車やバスでのヒマな移動時間、ちょっとした休憩時間、仕事の合間、名言は楽しみと発見を与えてくれる!

こんな名言はいかがですか?新着 名言

全記事から名言をランダム表示します。人生を変える言葉との偶然の出会いがあるかも?
» 名言レコメンドのページへ
名言DBは、ビジネス、企業経営、仕事、起業、投資や資産運用に役立つ格言・名言を集めたデータベースサイトです。実用性を重視して名言をピックアップしています。

名言DBの開設理由とミッション

名言DBは仕事やビジネスに関する名言をまとめることで、ビジネスや経営に携わる人たちの助けになればと開設しました。

名経営者、起業家、コンサルタント、投資家、有名人、各界のリーダーたちはいったいどんな方法で大きな成果を得たのでしょうか。成功のエッセンスを、それぞれの発言から吸収しましょう。

新着 名言 新着 名言

人は、明るい未来があると思えるからこそ、前向きになれる。先行き不透明な時代に自己否定していると、沈むだけです。「大きな事故に遭ってないだけでもいいことだ」と自分自身を全肯定する精神で、欠点を否定せず、うまく付き合っていきましょう。

自己を肯定すると、脳の側座核という部分から高揚感をもたらすホルモン「ドーパミン」が放出され、何事にも意欲がわき、楽しくなる。

欠点をさらけ出している人ほど、周囲から愛される。多くの政治家を見てそんなことも実感します。

人生なんて、あっという間なんだから、要は自分が選択した道の中で、いかに自分らしく、楽しんで生きられるのかが大事。

必死になって知恵をしぼれば不可能を可能にすることができる。

ギリギリまで自分を追い込み、そこを乗り越えることができたときの自信というのは、何ものにも代え難い財産になる。

腹立たしさをパワーに変えたいときは原因と向き合うこと。そうすると、歳を取っても成長していない器の小さい、自分が見える。その情けなさと反省が明日の糧になってくれるんだ。

あなたは、「より良き追従者」になってはいけない。あなたは、「より大胆なリーダー」になるべきなのだ。

実際の消費活動は好き嫌いや快不快といった、情動に基づいたものが大きく関与している。だからこの部分に訴える必要がある。

ひとつだけ自信を持って言えるのは、こんだけアホみたいに練習している選手は自分しかいないということ。そりゃ、運もきてくれるだろ、という自負はありますよ。

知識というのは「使ってナンボ」。いわばスポーツに似ている。頭で覚えるより実践によって鍛えられる。

答えが無い世界でお金を稼げるのは自ら答えを作り出せる人間だけだよ。

見栄を張ったり、人をうらやましがっては駄目やね。自分がつらくなるばかりだし、何より楽しくない。楽しい、楽しくないは自分で決める。そうしたら、もっとラクに生きれるよ。

同じことばかりやっていては駄目。そのうちネタも尽きるし、観客からも飽きられます。周りを見ても、やはり同じことばかりやっていた人は、いつの間にかフェードアウトしている場合が多いしね。

一度、自分をギリギリまで追い込んでみてはどうでしようか。なにも1日20時間も働けとは言いません。ただ、夢に近づくためなら、少々のムリも励みとなります。それに、追い込むことによって自分の夢に対する思いの強さも見えてきます。

「なぜ」というのは、応用が利くんです。経済や経営はもちろん、歴史、文学、宗教であっても、「なぜ」を重ねていくことで、目先にとらわれない、価値観のしっかりした人間に育っていくからです。

やりたい仕事をゲットするには、実力や能力、企画内容のアピールよりも、人間関係を深めることが遠回りのようで近道なんです。

たいていの人は株式投資でも不動産投資でも底値になるのを待ちますよね? それが大間違いなんです。底値を見極めるなんて、プロでも難しいんだから、自分はどうすべきかを判断する力をつけるべきなんですよ。

あまり深く考えずに、印象だけで損か得かを判断する人が多い。真剣に比べてみたら、最初に抱いていたイメージと違うケースはよくあるもの。印象だけで損得を判断しない習慣は大事なこと。

市場調査でどんなにアンケートを取っても、結局は言語化されたもの。無意識のニーズはなかなか反映されず、表層的になりがち。

もし役者になっていなかったらって思うと恐ろしいです。ほかにできることが何もないですからね。

いまの心境は、自分が納得してボクシングをやればいい、と。挑戦する気持ち、楽しさを感じながら、リングに向かえればいいと思っている。

俺らボクサーは絞れば絞るほど、野性の勘が出てくるんですよ。だから、減量中は街を歩いとったって、ほとんど声をかけられない。いかついオーラが出てるんでしょうね。顔つきも変わってるし、まんま野性。腹を空かしたライオンみたいなもんですよ。

俺は全部の試合が紙一重やったと思っています。世界ランカーはみんな、相手を倒せるパンチを持っていますから。そういう試合で連続KO勝ちができているのは、運がよかっただけや、と受け止めている。

不安があっても、そこに立ってみること。それが、本番で力を発揮する基本じゃないかなと思う。

僕は、何かテレビでエピソードを話さなければいけないとき、事前に後輩に話すんですよ。すると、そのエピソードについて頭の中が整理できているのかがわかり、自分の身になっていくんです。

勉強で重要なのは、毎日継続すること。1日でも空けてしまうと、記憶が抜けてしまい、余分に勉強し直す必要が出てきます。だから、1分でもいいから、毎日やったほうが良いですね。

想定外の例外という結果は、実行した人しか得られない貴重なデータです。百点満点がないビジネスの世界で成果を出すには、その結果を次の意思決定に活かし、今より一歩でも二歩でも前進するという積み重ねが必要です。

やるべきことの一つは「例外」の把握です。「例外はないのか」と考えてみるのです。例外を考えると、「隠れた前提」の見落としがないかのチェックにもなります。

継続するためには、「疲れるまで勉強しないこと」も重要です。今日は調子が良いからといって、勉強しすぎてしまうと、翌日に疲れを残してしまい、能率が下がります。

やっぱり、まずは場に立たないと力を出すこともできない。踏み出すことが大事なのかな。勇気が出ないこともあると思うんですが、私の場合、心の中にいつも「大丈夫!」って気持ちがあって。それは強みになっています。

優しくて甘い上司は、今はいい上司に思えても、遠い未来を見通す視点に立てば、部下の成長を妨げる悪い上司でしかない。そのことを、管理職は正しく認識する必要があります。

英語学習において記憶力はあまり重要ではありません。丸暗記というよりも、スポーツの技術を体得するのに近いものだと考えてください。正しいやり方で続ければ、確実に身につきます。

勉強はロールプレイングゲームのように、あの手この手で目的を攻略する営みです。ゲーム感覚で行なえば、決して「苦行」にはならないでしょう。

「完璧に理解してから進もう」とは思わないこと。理解できなければとりあえず覚えておくだけでいいのです。その先で知識が深まれば、自然と理解できるようになります。「わからないから進めない」という思い込みは、時間のムダを招きます。

勉強着手後に苦しむポイントと言えば、やはり「なかなか頭に入らない」ことでしょう。しかし、気にすることはありません。なぜなら、それが当たり前だからです。なかなか覚えられなくても気にしないこと。それよりも、繰り返し反復することが大事です。3回覚えて駄目なら5回、5回で駄目なら10回。「勉強は復習が8割」と心得ることが、継続と進歩の秘訣です。

知識を得ようとするとき、海馬は刺激されます。これを繰り返すと、海馬の入り口付近では、神経細胞が新しく生まれる「神経新生」が生じることがわかってきました。つまり、覚えようとすることそのものが、記憶力に関わる細胞を増やすのです。覚えるのが得意な人は「覚え続けている」人であるということです。

先生になったつもりで一人で授業をする「エアー授業」は、すごく意味がある勉強法。自分が何を理解していて、何を理解していないかがはっきりとわかるんです。インプットをしているだけでは、気づけません。こうして、エアー授業を続けていると、「覚える」から「わかる」に変わってきます。覚えたことは忘れてしまうけど、わかったものは忘れません。だから、使える知識になるんですね。

受験勉強のときは、試験日から逆算してスケジュールを立てたのですが、強く意識していたのは、「1日の勉強量を、絶対にできる量にしか設定しない」ことです。なぜかというと、できなかったときに、自分を追い込んでしまうから。追い込んでしまうと、続かなくなるんですよね。

勉強の意味をひとつひとつ考えずに取り組んだら、正しい努力はできません。勉強というと、がむしゃらにやる人がいますけど、そうやって、やったつもりになるのが一番危険です。もし、今何か勉強しているのなら、今の勉強法に意味があるのか、立ち止まって考えたほうがいいと思います。

「例外が発生したから、これは失敗だ」で終わらせるのではなく、例外が発生した原因や理由を理解し、改善するというステップにつなげなければ、成果は出せません。このサイクルを速いスピードで回し続け、意思決定の精度をどんどん上げていくことが、目指すゴールに到達する一番の近道なのです。

フレームワークという「思考の型」として残っているものは、多くの人が納得した実績があり、それだけ精度の高い仮説を立てられるツールだということ。うまく使いこなして、その場に関わる人たちが納得感を得られる仮説が立てば、意思決定もしやすくなり、素早く実行に移れます。

失敗があったからこそ、今の私があります。失敗したら、それを活かせばいい。人生に無駄な経験はありません。苦労の分、人に優しくなれます。試験に失敗したら、1年間より深く薬について勉強する機会を得たと思えばいい。私自身の体験から、多くの人にそのことを伝えていきたい。

すべてを統計的に考えるクセがつくと、失敗を過剰に恐れなくなります。確率的に「絶対に成功する」ことなどあり得ないとわかっているから、現状を客観視できるのです。

日常的に頭をしっかり使い、有酸素運動や筋トレをし、野菜・魚が豊富なバランスのよい食事を摂り、生活習慣病の予防や治療に役立つことをすることで、頭の働きの低下がある程度予防できます。加えて、人とのかかわり、コミュニケーション、とくに高い目的意識を持った社会参加が認知症の予防にも役立ちます。

試験勉強の過程で学んだ内容が自分の糧となることもあります。履歴書には書けないような資格であっても、そこで得た知識が仕事をしていくうえで大きなプラスとなることがあります。

どの仕事も最終的には「自分をどう売るか」が勝負。どんな資格を取るのかと同様、資格試験の勉強においても、取得後のビジョンを描きながら臨むことが求められるのです。

成績を出した過去の自分と競争するのではなく、今の自分の力を最大限出そう。

経営者の仕事はオリジナリティーを出すこと。

偉大な先人の思想に触れることには、理論という骨に肉を与える役割がある。

本当に大事で大変なのは、地味で基本的なこと。

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。

ひとりひとりの人生の航路には、独りで立ち向かわなければならないそれぞれの困難と問題がある。

心理学もビジネスに直結するテーマ。仕事はすべて対人間の問題ですから。

知らず知らずのうちに視野が狭くなっていることは多いもの。そんなときは、「他人に気づかせてもらう」のが一番。周りの人に積極的にアドバイスを求めましょう。より広い視点を得るには、自分は何も知らないという謙虚な姿勢、いわゆる無知の知を持って問題と向き合うのが第一歩だからです。

一方的に指示をするのではなく、「君ならどうする?」「その結論に達した理由は何?」と、こまめに問いかけましょう。これは部下育成と同時に、自分を鍛える効果もあります。

無難な商品では意味がありません。競合に負けてもよいような部分はあえて切り捨て、絶対的な強みを伸ばすことだけに注力する「選択と集中」がダントツ経営のモットーです。

我々の本質とは何かと言えば、ものづくりに他なりません。ならば、それ以外の間接業務は極力簡素化するべき。

お客様にどんどん「コマツがなければ困る度合い」を高めてもらうことで、顧客の信頼を得るとともに、我々も安定した収益を得ることができるようになる。

論理の構成は単純で良い、というより単純なほうがいいと思います。シンプルな思考、シンプルな結論こそ人に訴える力があるからです。「結論はこう、理由は3つ、だから結論はこう」と伝える、結論→根拠→結論のパターンさえ身につけておけば十分です。

情報処理は今後、AIの役割になります。人間が必死にこの能力を磨いたところで、速さも正確性も敵いません。我々が磨くべきは、さらに「上流」、つまり問題の定義とそこから導き出す望ましい結論、その方策や根拠といった「設計図」を作る力です。

誰かの意見を聞いて、それをそのまま取り入れるわけではないですが、新しいアイディアを思いつくきっかけにはなります。自分ではない誰かの思考をあいだに挟むことで、一人ではたどりつけなかった一段高い場所から景色を見ることができるんです。

新しい何かを得ようとする能動的な姿勢が、自分を客観的に見つめ直す気持ちを持ったり、欠点と向き合ったりする機会となり成長につながる。

哲学は「AとBという選択肢のほかに、CやDもある」ということを教えてくれる。見方を変えるだけで救われる人も多いのではないでしょうか。

だんだん知識のストックが増えてくると、やがて異なる分野の内容同士が関連づいてくる。経営のことが心理学につながり、歴史が自然科学に結びついたり。こうなればしめたもので、物事を多角的に考察する力にもなる。

完璧って一つじゃないし、頭の中で描いていたことと違う事態になっても全然かまわないし、むしろ描いていた完璧とは違う完璧になるから面白いんじゃないか?

動かないと見えてこない世界はありますし、動かないと出会えない人もいます。当たって砕けたときは大変だけど、それで得たものがのちに財産となって生きてくる。

優れた企画者を目指すなら、「自分で説明できることにヒントはない」と思った方がいい。「説明できないけど、なぜか人を引きつけている」というものにこそアイデアのヒントがある。だから、企画を作る人には、「まだ知らないこと」「新しいこと」にどんどん挑戦してもらって、新たな気づきを得てほしい。

競技を続けていると伸び悩み、ケガで練習できず、壁にぶち当たることがあります。その壁を乗り越えるには変化が必要であり、そのためには、「人の話に耳を傾ける」ことが重要だと実感する場面が多々ありました。

小さなことからでいいので「いつもと違うこと」を常にやってみる。たとえば、通勤電車は乗る車両や乗車時刻を変える。日頃見かける人たちとは違う顔ぶれや混み具合になるといった些細な変化を受け入れ、楽しむのです。職場でちょっとした提案をして、小さな成功体験を積むのもいいでしょう。

仕事と子育ての両立は確かに大変で、両方を完璧にすることはできません。もっと時間があれば……と思うこともしばしばあります。でも、できなかった小さい部分を虫眼鏡で見て自分を責めるのではなく、俯瞰して自分を見て、そうありたい人生を歩んでいるかを確かめ、自分を褒めるようにしています。

職場のチームを家族のように考えると同時に、家族もチームであると考えています。家にずっといるわけではないので子供と一緒に過ごす時間は少ない。だからこそ、母親がどうして仕事をしたいのかを子供にきちんと説明し、情熱を持って仕事をしていることを理解してもらうように心がけています。

社会の生産性向上のための規制緩和や既得権益にメスを入れるために必要なのは、既得権益と結びついたメディアの報道に安易に騙されず、その情報が誰によって流されていて、情報源の人の利益は何なのかを考える、メディアリテラシーの高い市民の存在だ。問題意識を持ち、既得権益層の息がかかったメディアの情報の裏を読み解くメディアリテラシーを高めよう。

ちゃんと分析して、リアルに考えていく必要がある。学者はいつも、本当にもう、妄想の世界に生きている。

確かなのは、「従来通り」では、もはや生き残れないということ。

当然真似されるものと思って手を打ち続けていると、ある時、真似できないことが出てくる。それこそが決定的な「差別化」のポイントになる。

異なる意見に対しては、相手の考えと論理を理解するのが大事。

怒りは生産性を落とす。怒っている暇があれば解決策を探った方が合理的。

周囲からやりすぎと思われるくらいがちょうどいい。

運動不足になると、「こらえ性」がなくなるんです。イライラする原因はこれが大きい。イライラ解消には体を動かすことが一番。

ページの先頭へ