O・ヘンリーの名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

O・ヘンリーのプロフィール

O・ヘンリー、オー・ヘンリー。アメリカの小説家。ノースカロライナ州グリーンズボロ出身。15歳で学業を離れる。テキサス州に移り、薬剤師、ジャーナリスト、オハイオ銀行の出納係など職を転々として過ごしたのち、風刺週刊誌『The Rolling Stones』を刊行するも振るわず、『ヒューストン・ポスト』の記者となる。その後、オハイオ銀行から横領の容疑で起訴され有罪判決を受け投獄。服役前、服役中と短編小説を書き発表する。釈放後は『ピッツバーグ・ディスパッチ』紙でフリーランス記者を務めたのち、ニューヨークで作家生活を送った。短編小説を得意とし、生涯381編の小説を書いた。

「私は正直者です」と自分で言う者に、決して正直者はいない。
「私は何にも知りません」と言う者はよく知っている。
「私は何でも知っている」という者はホラ吹きである。
何も言わない人間は賢明な人か、利己主義の人かどちらかである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ