龍華明裕の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

龍華明裕のプロフィール

龍華明裕、りゅうか・あきひろ。日本の弁理士。東京出身。東北大学工学部卒業、東京大学工学部大学院修了。キヤノンに入社。キヤノンで開発や特許申請の仕事に携わる。その後、日米の弁理士資格を取得。日米の特許事務所勤務を経てRYUKA国際特許事務所を設立。

事業は最初に誰かの想いが必ずあります。「こういうことができるんじゃないか」という気持ちが人に伝わる間にだんだんと膨み具現化していき、実現するのです。


会社を経営しようと思ったとき、また会社の中で生きようと思ったとき、自分が価値を感じるものに対してどれだけエネルギッシュに、一生懸命になれるかということが非常に重要だと考えます。


ビジネスをする上では、なりたい自分になれることが大切です。会社が大きくなるにつれて、あるいは新しいお客様が増える中で、自分を変えていく必要性が生じます。そのとき自分の振る舞いを柔軟に変えられるキャパシティを持っていたほうがいい。


私は大学時代に学習塾を経営した経験から、きちんとしたプロセスを踏めば成功するだろうという自信を持っていました。この塾を興したときのモチベーションや経験は現在に至るまで自分の教訓となっています。


キヤノンは知的財産について意識が非常に高い企業でした。そこではどのような特許がとれるのか、またその技術が特許できちんと守れなければ、事業としての可能性があってもやめる、ただ作れても売り出さないという徹底した姿勢がありました。その姿勢を見まして、「なるほど。特許というのはこれほど大切なものなのか」と価値の大きさを非常に実感しました。


現在の私は、発明ひとつひとつを守ることに価値を見出しています。価値の高い特許を取れればその範囲の事業を一定期間守ることができますし、その特許によって産業にも社会にも影響を及ぼします。このように社会に貢献する発明の創出をサポートし守るという観点から事業を展開したいと思っています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ