黒川光博の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

黒川光博のプロフィール

黒川光博、くろかわ・みつひろ。日本の経営者。虎屋17代当主。東京出身。学習院大学法学部卒業後、富士銀行に入行。その後、家業の虎屋に戻り、副社長を経て社長に就任。伝統を継承しつつも「TORAYA CAFE」を開店するなど新しい分野にも挑戦した。そのほか、全国和菓子協会会長、社団法人日本専門店協会会長、全日本菓子協会副会長などを務めた。著書に『虎屋 和菓子と歩んだ五百年』。

味だけではこんなに長く続きません。人を大切にしてきたという歴史がある。


過去のやり方にこだわるより、今が一番大事。だから今に集中して頑張っている。


変えていけないものと、変えても良いものというのは、その時々でも変わる。


過去の歴史云々よりも、今が一番大切。


社長の私がどれだけ社員と直接、語り合えるかが非常に大きいと思いますので、社員との対話の時間を設けて、接点を持つようにしています。


菖蒲(あやめ)の図柄を描いた菖蒲饅という菓子があるのですが、ひとつひとつ職人が手で葉を描きます。筆を上から入れても下から入れても見た目は変わりません。でも本物の葉は下から上に伸びるものです。それなら下から上に元気よく描くべきです。誰も見ていなくとも心を込めてそれをやる。そこに虎屋の存在価値があると社員に伝えています。


若い人たちに虎屋のことを知っていただいただけでも、新しい店(TORAYA CAFE)を開いた意義は十分にありました。さらに「餡子って意外においしい」「赤坂の本店にも行ってみます」と言って下さる方がいて、改めて私たち自身、和菓子と餡の魅力に気づきました。


虎屋には代々伝わる家訓のようなものがあるのだろうと思われているかもしれませんが、そのようなものはありません。社長を継ぐまで先代の父を手伝ってきましたが、いざ継ぐとなると責任の重さを改めてひしひしと感じたものです。虎屋をどう導いていくべきか、私はひとつの考えに至りました。「家訓がないということは、何をやってもいい。時代を読んで自由にしっかりやれ」という意味だろう、と。


いままで虎屋は、菓子の原料や、菓子を贈る際のしきたりなどについてお客様から尋ねられたらお答えしてきました。でもこれからは例えば最新のレストランや、話題の美術展についてもお話しできるくらいでなければいけないと思うのです。もしお客様が何もお買い求めにならなくても、店でいい時間を過ごし、虎屋や接客した店員に好意を持ってくださればそれでよしとする。会社の奥深さや豊かさを感じていただければいい。そうやって企業文化を発信すれば、売上は後からついてくると思っています。


価値観やライフスタイルが多様化しているいま、自分で考えて行動する「個の力」でお客様に対応しなければなりません。


さかのぼれば、天皇家とともに虎屋が京都から東京に移ってきたのも、時の投手が時代を読んで決断した結果だと思うのです。


過去があるから今日があることはよく理解しておりますが、私が考えなくてはいけないのは、今、皆様が求めて下さっているものは何かということです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ