鳥井信宏の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥井信宏のプロフィール

鳥井信宏、とりい・のぶひろ。日本の経営者。「サントリー食品インターナショナル」社長。大阪出身。慶應義塾大学経済学部卒業、米国ブランダイス大学国際経済・金融学修士課程修了。日本興業銀行(のちのみずほフィナンシャルグループ)を経てサントリーに入社。海外開発事業部長、大阪支店長、営業統括本部長、ビール事業部プレミアム戦略部長、取締役、サントリーホールディングス執行役員、常務、専務などを経てサントリー食品インターナショナル社長に就任。

新商品は「千三つ」と言われます。千回挑戦して成功は3回という確率ですから、失敗を恐れずに挑戦すべきだ。


これまでのやり方では、ある程度のところで終わってしまう。もっと上のレベルに行くためには、組織を含めてより強化していかなければいけない。


良いところも悪いところも含めて、私のビジネスの下地は全部、日本興業銀行で作られています。銀行員を経験したお陰で、バランスシートというものの考え方を学ばせていただいたと思います。


「やってみなはれ」とは、成功するまでずっとやり続けるということではなくて、たとえうまくいかずに失敗しても、自ら責任を取って、しっかり仕事に取り組むということ。


これからの課題は、仕組み作りだと思います。今までは、私がハンズオンでやってきたところもありますが、これからはもう少し仕組みで仕事をやっていかなければいけない。


上場であれ、非上場であれ、我々の使命は、お客様が欲しいと思う商品をお届けすること。そうすれば、結果としてシェアも上がり、利益も増え、投資家の皆さんのご期待にお応えすることになるはず。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ