髙橋秀幸(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

髙橋秀幸(経営者)のプロフィール

髙橋秀幸、たかはし・ひでゆき。日本の経営者、組織人事コンサルタント。「秀實社」社長。日本大学商学部卒業後、ファッション業界向け大手人材派遣会社に入社。その後、組織人事コンサルティングファーム社長などを経て秀實社を設立。著書に『あなたは社長の分身になれますか?』『限界突破力』『図解 限界突破力』。

人には可能性があります。その花が咲くまで士の中で眠らせたままにするのか。それとも咲き続けさせるか。我々がその後押しをしていきたい。


人の上に立つ者は教育者でなければなりません。経営トップをはじめ、経営幹部が先人・先達から学んできたことを部下にしっかり伝えていかねばならない。


経営者の分身を育成するための手法とは何か。私が考える一つの方策は「自分は何のために働き、仕事に何を求めているのか」「どんな社会人になりたいのか」といった自分の生きる道を若い人が若い頃に考え抜くことだと考えます。


私は、不祥事の最大の原因として現場と経営の距離が離れすぎていることが挙げられると考えます。


経営トップは「夢」、つまりはミッションを掲げ、リーダーシップを発揮しながら夢の実現に向けて燃えたぎる熱意をもって社員を率いていく。そして、社員も経営トップの理念に心から共鳴すると共に、その実現を目指してとことん頑張りぬく。これは社員が「経営者の分身」となることを意味しています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ