高野研一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

高野研一のプロフィール

高野研一、たかの・けんいち。日本のコンサルタント、経営者。「ヘイコンサルティンググループ」社長。神戸大学経済学部卒業、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス卒業、シカゴ大学ビジネススクールでMBAを取得。日本債券信用銀行ファンドマネージャー、マーサージャパン取締役などを経てヘイコンサルティンググループに参画。著書に『ビジネスリーダーの強化書 マネジメントスタイルを変革する』『勝ちぐせで組織は強くなる』。

「率先型」の管理職の場合、サッカーの監督が自らボールを蹴ってエキサイトしているような状況になり、肝心の社員がついてこなくなる。業績を高めるために全力を尽くすといった「士気」が高まらない。加えて企業が向かうべき方向性が不明確になるため、企業が成長するうえで阻害要因となる。


英国や米国などのいわゆるアングロサクソンの世界では、「ビジョン型」と「育成型」の管理職が多い傾向がある。部下の専門性が高く、雇用も流動的な環境では、双方向のコミュニケーションを通じてリーダーがビジョンを示さなくては組織がまとまらないためだ。そのため米国などでは、管理職は年齢に関係なくビジョンを示すことが求められる。


最初から「ビジョン型」の管理職を育成することは難しい。まず「指示命令型」と「率先型」のスタイルを身に付け、次に「民主型」「関係重視型」「育成型」を獲得していけば、「ビジョン型」の管理職を育成できるはずだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ