高田明の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

高田明のプロフィール

高田明、たかた・あきら。日本の経営者。通販会社のジャパネットたかた創業者。長崎県出身。大阪経済大学経済学部卒業後、京都府内の機械製作会社の阪村機械製作所に入社。大学時代に鍛えた英語が認められ東欧を中心に数年間海外赴任する。帰国後、翻訳会社設立を目指すも挫折し、実家のカメラ店を手伝った後、独立しジャパネットたかたの前身であるカメラ店を創業。その後、たまたま知人に依頼され出演した長崎放送のラジオショッピングで驚異的な売上を達成し、通販分野に進出することを決断。ラジオだけでなくテレビにも進出し、独特の語り口で多くのファンを得た。

相手のためになることを10年、20年やり続けていれば、利益はあとから付いてくる。


商品はその魅力が伝わらないと買っていただけません。従って常にどう伝えるかを考え、実践してきました。


人生はシンプル、複雑に考えてはダメ。今を一生懸命に生きる。これに尽きる。


今を一生懸命生き続ければ、課題が見えてくる。それを一歩一歩乗り越えていく。そこに人生がある。


お客様の一つひとつの声から信頼を得ていかないと、企業は存続しない。


変えようという勇気と行動次第でさらによいものができてくる。


進歩というものは、今あることを否定するところからしか生まれない。


情熱を持って走り続ければ、何事もなんとかなる。


失敗というのは、失敗と認めてしまったから失敗になるのだと思います。失敗は乗り越えるべき課題が見えたということですから。


どうせ読めない未来を心配するより、今やりたいこと、今楽しいと思うことをやればいい。


私もまだまだ修行中です。伝え方というのは本当に奥が深い。日々勉強です。


技術なくして思いは伝わらない。


いまを一生懸命生きれば、すぐ先の未来は変わる。だから、常にいまの自分を更新し続ける。ずっとそうして生きてきました。


人生は一回。だから、その都度の年齢に応じた生き方がある。


その歳に応じた夢を持ち続けることが大事。


危機のときは受けて立たねば先には進めない。現状を100%受け入れて、今できることを考えればいい。


今を一生懸命、300%の力で頑張ってきましたから、結果が良くても悪くても受け入れられる。受け止めたら、いつのまにか乗り越えている。


チャレンジ精神がなければ人生つまらない。良い人生だと思って死ぬためには、チャレンジ精神は欠かせない。


エンターテインメント性がなければ、お客様の気持ちを動かす事はできない。


もう変化対応では追いつかない。変化を先取りして創っていかないと間に合わない。


今を生きなくては未来はない。


一歩間違ったらすぐに凋落してしまう。栄枯盛衰ですから世の中は。


良くなればそこに驕りや慢心が出てくるのでそれを正していくことも大切。


経営者は覚悟を見せなくてはいけない。


後ろ向きになるな、攻めろ。


内部留保したい気持ちもわかりますが、貯めたものは還元すべきだと思います。お金は循環してこそ成長につながる。


世の中も商品も常に変化し、商品サイクルがものすごく速いから、止まった瞬間に我々がつくった数字も過去のものになる。


変化にスピーディーに対応するだけでなく変化を自分たちで創造していくことが大切。


社会のため人のために企業はある。理想通りにはいかなくてもその精神を持つことが大切。


人間の一生は一回限り。人生をどう生きるか、どう死ぬかは自分次第です。


ビジネスも人生もうまくいかないこともありますが、「やる!」と決め、信じてやり続ければ必ず成功する。


変化に対応しないと企業は生き残れない。


人は前向きに行動すれば結果を生むことができる。だから一番厳しいときこそ、引かずに進むのです。


過去最高益を達成できたのは奇跡ではありません。必然です。それを成し遂げられた理由の一つは、現実を受け入れて、「やるぞ!」と決めたこと。


価値を伝える力、説明力が大切です。消費はまさに創るもの。


当社にライバルはいません。強いて言えば、自分たちの中にあるといえます。


普通にやっていたら普通でしかない。


仕事は極めていけばいくらでもつくれる。


これは女性向け、これは若い人向けというように決めてかかっていることが多い。しかし発想を変えればまだまだ市場を創造することができる。


いまあるものでも見直すと、その価値を紹介しきれていないものがたくさんある。


お客様目線で変化対応し、本気で戦略を変えていかないと生き残れない。


エンターテイメント性がお客様の心を動かす。


瞬間瞬間をいかに全力投球できるかという精神を持てば必ず苦難を乗り越えられる。


危機が自分への試練だと思えば何にも辛くない。それに向かって行っているうちにいつの間にか乗り越えている自分がいる。


現実を直視し、現実を受け入れないと、危機は乗り越えられない。


我々が売り上げ1000億を達成して満足したら、そこでもう終わりです。結果よりも常に自分が努力し続けるというプロセスが大事。


私も社員に何度言っても伝わらないことがあります。熱意を持って徹底的に伝えなければいけない。


一所懸命にやらなかった仕事は実らない。死に物狂いでやったことは自分に返ってきます。


やり続けた努力は100%無駄にならない。


勝算があったわけではありません。大きな目標と条件を掲げ、それに向かって挑戦してくのが私流のやり方です。


私も会社も元気なうちに引き継ぐのが大事。


原稿どおりに読んでいては人に伝わりません。自分の頭でよく考えたことしか聞く相手は理解してくれない。


私もアイディアには自信がありますが、若い人たちは私とは違った発想をします。


分かりやすく伝えることは難しいことです。伝えたつもりになってしまっていることが一番恐ろしい。


商品はただの物ではありません。その商品やサービスによって、その人の人生がどのように変わるのか考えなければいけない。


人はよく能力で他人を判断しがちですが、それ以上に情熱や感動を持っていることの方が重要です。


何事も熱意や情熱、思いの強さが重要です。人生の全てに通じている。


いまは思い立ったらすぐ実行できるスピードがないと勝てません。


未来を想像して不安になるよりも今が大切。今をつくることが一秒先の未来を確かなものにする。


どれだけ妥協せずに問題をしっかり見て、議論を重ねて、自分で考えるかが大事。どれだけ議論を尽くしたかで成果が違う。


夢を持ち続け、日々精進。いま目の前にある状況を受け入れて最善の努力をし、それを乗り越えていく。そのひとつひとつの積み上げが夢へとつながっていく。


できないと決めているのは誰かというと自分白身なんです。人は決めませんから。まず自分ができると信じることが大切です。


売れる商品を予測するよりも、売れる商品を自分たちで作ればいい。


未来や過去のことよりも、目の前の課題が大切なんです。未来を変えていくのは、いましかないんです。


情熱があれば能力は勉強で補えます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ