高田旭人の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

高田旭人のプロフィール

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。


僕も36歳で社長をやるから、みんなも背伸びして頑張ろう。
【覚え書き|社長就任時の発言】


世の中に埋もれている良い商品を発掘することが私たちの存在価値。


明るいところに人は集まります。だから、テレビでも楽しい番組作りを続けていきたい。


社員にはフェアでありたい。立場が上だから、声が大きいからといって、間違っていても話が通るような会社にはしたくありません。


社員には私の顔色を伺うのではなく、現場の役員や部長と想いを共有して仕事に取り組んで欲しい。最後の守るべきところを守るのが私の役目です。


2代目である私が創業者と同じ真似は出来ませんし、やり方は違ってもよいと思います。


ある程度権限を渡していかないと人は育たないと思います。権限委譲とチェックのバランスが難しいので、チェックはこっそりやろうかなと考えています。


役職や権限というのは、意思決定の範囲であって、正しさの軸を変えるものではないと思います。立場が上の人が右と言ったら、左だと思っていても右ですという感じでは、会社がおかしくなってしまいます。公平であることは重要だと思います。


特に社風は変えたくないですね。お客様のことだけを見てきた社長(父・高田明)ですから、お客様のためにならないと思えば、放送直前で商品が並んでいても取り上げないということもありました。顧客と向き合う企業文化はブレずに変えずにいきたいものです。


時には(先代社長の父と)意見がぶつかることもありますし、手順をもっとこうしたらいいかもと思うこともあります。しかし、議論の中で学ぶものもありました。


私たちは購入後に商品が使われることなく捨てられてもいいという感覚は持ちません。いかに使っていただくかを考える。近年は特に、商品そのものだけではなく、配送・設置・回収・処分など、その周辺の要素を意識しています。


これまでずっと父の側にいて、当社の実績に関して景気や環境のせいにするところを見たことがありません。そのため、市場がしぼむという発想を僕も持たなくなっています。


父は大抵、直感で行動したら結果が出て、成功した理屈を後付けで考えるという経営スタイルをとっていました。ある意味天才的です。逆に私は、直感ではなく理屈で事前に考えて正しいことを何か見つけてみようと考えました。


ジャパネットのお客様は偶然番組を見て、私たちを信用してその場で購入を決める。その方たちに対して満足行かない商品を届け始めることこそ、当社の最大のリスクだと思っています。


ジャパネットたかたとして一番大切にしていることは、「とにかく自分たちが自信を持って良いと言える商品を見つけてくること」と「その商品の良さを徹底的に伝えること」。これがなくなれば、ジャパネットたかたである意味はないと思っています。


経営の楽しい部分というのは、経営者として全ての場面で自分の最終決定が求められるところです。自分の責任でチャレンジできると捉えて、言い訳が出来ない状況で毎日チャレンジ出来ることをチャンスと捉えています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ