高橋荒太郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

高橋荒太郎のプロフィール

高橋荒太郎、たかはし・あらたろう。日本の経営者。「松下電器(のちのパナソニック)」会長。香川県出身。小学校卒業後、商店で丁稚として働きながら神戸商業補習学校を卒業。朝日乾電池に入社。同社常務を務めたのち、提携先の松下電器に移る。専務、副社長、会長などを務めた。松下幸之助の片腕として活躍し、「松下電器の大番頭」と呼ばれた。

会社を訪問したらトイレを見る。トイレが汚かったら、取引はしない。


私は機会があれば何度でも経営方針の話をします。なぜなら、経営方針というものは、一度聞いただけでは分からず、何回も何十回も聞いて分かるものだからです。


人間は概して弱いものである。順境期はともかくとして、ひとたび逆境に直面すると、必ず右するか左するか悩むことがある。そのときに、確固たる「よりどころ」がないと、冷静な判断を失い、ともすると軌道を逸して、越えてはならない「矩(のり)」をこえてしまう場合が多い。だから私は、常務時代も専務時代も、また副社長、会長の職にあったときも、絶えず「基本方針の理解と実践」を強く要望してきたのである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ