香藤繁常の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

香藤繁常のプロフィール

香藤繁常、かとう・しげや。日本の経営者。「昭和シェル石油」会長。広島県出身。中央大学法学部卒業後、シェル石油(のちの昭和シェル石油)に入社。変革推進本部部長、取締役、常務、専務、副会長などを経て会長に就任。

社員の現在の力量ばかりでなく、伸びしろを見るようにしています。


社員の成長・進化以上には、会社の発展はない。


ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


刻々と変わる事業環境に目を向けても行動を起こさず、あるいは組織のしがらみに縛られ、スピードで後れを取ったのでは、国際競争に敗れ去るしかない。


優秀な人材は、年齢、性別、国籍にかかわらず登用する。また、そうした人材を見つけ出すのが私の役目である。


社員に「グローバルマインドを持て!」というのはたやすい。だがそれには、日本の伝統と諸外国の文化・慣習を理解しなければならない。コミュニケーションのための語学力はもとより、総合的な教養も必要になってくる。欧米の、ビジネスマンに比べて、日本人は、この部分が弱い。しかし、商売の話だけでなく、相互の信頼関係を生むのは、そうした人間的な魅力にほかならない。


社員には、2つの能力発揮の仕方があると思う。「創造力」と、「業務遂行力」だ。人材登用の観点からすると、できれば、このどちらかを伸ばしてほしい。頑張った人たちには適材適所のポストで報いる。両方をあわせ持っていれば、さらに引き上げていく。当然、年功序列という制度は実情にそぐわなくなる。


私が常々、社員に問いかけているのは「もし、あなたが社長で、資金を投じるとなったら、リスクを覚悟で、その事業をやるか?」ということである。つまり会社全体を俯瞰し、経営者マインドを持って、日々の仕事に取り組んでもらいたいのである。その際、みずからが所属するセクションの部門最適を優先したのでは、会社の全体最適とはならない。


市場動向を見ながら、どこに重きを置くかを的確に判断し、場合によっては事業領域の一部をばっさり切るといった決断を迷いなく下す。そして、将来に向けての成長戦略に対して勇気を持って遂行していく必要がある。当然のことながら、社内外の強い抵抗を受けるケースがある。しかし、これを遂行できる企業は繁栄し、できない企業は凋落していくしかない。


当社の子会社ソーラーフロンティアが手がけてきた太陽電池事業に、ようやく黒字化の目途がついた。一時は200億円以上の深刻な赤字が続き、事業継続へのご心配もいただいたが、前期は通期での黒字を見込めそうだ。エネルギーソリューション事業の柱として位置づけた太陽電池は、苦難の歴史だった。撤退の判断をしないで踏ん張ってこられたのは、私どものCIS型太陽電池がオンリーワンの技術であったこともさることながら、それを担った技術者たちの真剣さ、自信の深さに確信が持てたからである。


社内の留学制度に応募した際、試験で合格点に届かなかったのですが、面接官だった当時の副社長が私の熱意を買ってくれて翌年も受けました。この時も成績は良くなかったのですが、追加合格にしてくれました。


私は大学新卒の時、自動車会社の就職試験を受けたのですが不採用。帰りに当時、霞が関ビルにあったこの会社に立ち寄りました当受付で「履歴書だけでも受け取ってほしい」と粘って交渉していたところ、たまたま人事課長が通りかかり入社試験を受けさせてくれた。新卒社員を、70人採用するはずだったその年の71人目の社員になりました。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ