飯尾慶介の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

飯尾慶介のプロフィール

飯尾慶介、いいお・けいすけ。日本の経営者。「みんなのウェディング」社長。トーハンを経てディー・エヌ・エーに入社。社長室にて「みんなのウェディング」設立に携わる。その後、「みんなのウェディング」が株式会社化され、社長兼CEOに就任。

ベンチャー企業の宿命だと思いますが、今まで世の中になかった差別化したサービスを提供するとか、新しいものをいち早くつくって勝負するしかありません。


多少リスクを冒してでも決断のスピードがないとベンチャー企業は生き残っていけません。


最初から実現可能なラインを引いてしまうと、現場は堅めでいきたがるもので、絶対に成長の速度は遅くなります。


資本と優秀な人材が揃う大企業と同じスピードで意思決定をしていたのでは、必ず後塵を拝することになる。多少荒くても、どんどん世に間うていったほうがいい。


こちらのスピードが速く、大企業が真似をしても追いつけない領域が大きくなればなるほど強みが増すことになり、確固たる地位が築ける。


先に大きな目標を定めて、逆算して足りない部分はどうすればいいか考えます。既存のビジネスの延長線上で目標の数字に届かなければ、達成するためには既存のビジネスもゼロリセットして考え直してみる。その結果、思いもよらぬ新規事業の考えも生まれてくるものです。


20代の頃に極力読書に励んでいたことが今になると結構血肉になっています。人間は自己の認識の延長線上でしかものごとを考えられません。知識をいろいろインプットすることで、何かあったときに、「あ、それってこういうことだよね」と、かけ算で新しいアイデアが生まれることがあります。インプットの量が多ければ多いほど、その可能性が増えるので、ぜひうちのメンバー全員にも本好きになってほしいと思っています。


僕はゴールをデジタルフルハイビジョン並みに妄想してみます。鮮明にイメージすればするほど足りていないところがわかってくる。その点を「いつまでにこれをやる」という時間軸に落とし込んでいくと、達成した姿が見えてきます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ