須田勝也(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

須田勝也(経営者)のプロフィール

須田勝也、すだ・かつや。日本の経営者。人材派遣会社「パナソニック エクセルスタッフ」社長。大阪出身。神戸大学経済学部卒業後、松下電器産業(のちのパナソニック)に入社。本社人事グループマネージャーなどを経て、パナソニック エクセルスタッフ社長に就任。

顧客に対して、どうにかしてその問題を解決しようと知恵を絞る。その結果、一歩先のサービスが提供できる。


厳しい要求に長年、真摯に応えてきたという実績とノウハウが、当社の強みになっています。


他の人材サービス会社とスピード競争になることもありますね。ただ、そこで拙速な対応をしてしまっては、顧客企業の利益にも働く人の幸せにもなりません。


当社の原点には、松下幸之助の言葉「ものをつくる前に人をつくる」がありますが、人の成長の手助けをする人が、自分が成長しなくていいわけがありません。


大事にしているのは、企業の表面的なニーズだけでなく、潜在ニーズまで丁寧に聞き出すこと。営業担当者やコーディネーターがニーズを深掘りすることで、一歩先のサービスを提供するのです。


それぞれの人の「理想の働き方」は、一人ひとり違うのではないか。もちろん、どんどんキャリアアップして正社員として働きたい人がそれを目指せる仕組みは必要ですし、我々もそれを積極的に後押しします。ただ、いろいろな都合により短時間だけ、都合のいいときだけ働きたいという人、あるいは働きたくても働けない人もいます。一つの企業に縛られたくないという人もいる。世の中が、「正社員になることだけがすべて」という風潮になっていることには、多少疑問を感じます。


私は基本的に人材サービス会社というのは黒子だと思っています。あくまで目立たない立場から、これからも企業と働く人に貢献していければと考えています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ