青木美知子の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

青木美知子のプロフィール

青木美知子、あおき・みちこ。早稲田大学大学院 理工学研究科修士課程修了。東京海上火災保険、同社傘下の生命保険会社に勤務。その後、コーチ・エィに移り執行役員を務めた。コーチングによるリーダー開発などを通して組織の活性化に貢献。

リーダーシップは大きく分けて3つの領域があります。ひとつは権威のパワー、ふたつ目が知識やスキル、経験といった実務能力。3つ目は人間性です。男性は1と2の力で引っ張りやすいですが、女性が重視するのは第3の領域。たとえば「部長が言ったから」という理由で強制すると女性にはそっぽを向かれがちです。


まず自分が先に相手を尊敬して、それを表現する言葉を持つことが大切です。たとえば、男性が女性部下の支えがあって出世したという話をよく聞きますが、そこはやはりいかに人間性を示せるかにかかっているのではないでしょうか。


男性にとって仕事はいわば山登り。登った先、つまり重視するのは結果です。一方、女性にとっては川下り。下った先ではなく、プロセスが重要です。女性が男性に報告するときは結果を先に言うようにする。逆に、男性は日々のプロセスを「ちゃんと見てるよ」と頻繁に、継続的に伝えることでスムーズな関係が築けます。いつも会議の5分前に来てるね、とか些細なことでいいんです。「見ているよ」と伝える頻度と継続性が重要なんです。


女性上司で男性部下の扱いに比較的苦労していない人は、権威のパワーを上手に行使しています。社内のパワーバランスもわかっていて、さらに上の上司との調整もできるようであればいいですね。和気藹々と目の前の人間関係や仕事だけに終始してしまうと、男性部下は「もっと社内でうまく立ち回ってくれ」というフラストレーションを抱えてしまいます。


女性は「大義」よりも、その場に貢献しようという意識が男性より高い傾向があるので、自分が本当に尊敬できる上司のためなら頑張ってくれます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ