青崎済の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

青崎済のプロフィール

青崎済、あおさき・わたる。日本の経営者。「日本製粉」社長。鹿児島県出身。九州大学法学部卒業後、日本製粉に入社。小山工場長、千葉工場長、取締役、経営企画部長、常務などを経て社長兼COO(最高執行責任者)に就任。

人の目を見て話せば心が見える。


何もせずに安泰であるより、失敗をしてもいい、失敗を糧に前に進めばいい。


新しいことに挑戦するとき、完璧を目指しては何も出来ない。「良いものが出来たけど、まだ完璧かわからない」と二の足を踏んでいると、よそから次々に同じようなものが出てきてしまう。


門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


病気になると本人が一番損をするし、家族も路頭に迷うし、さらに会社も損害を被ります。社員の健康は会社の財産なのです。


従業員として会社を見るのと、株主になって会社を見るのとでは見方が変わると思う。


正直言って、社長とはこれほど孤独なものだとは思わなかった。私はずっと仲間と一緒に歩いてきたので、孤独はこたえます。


リストラで大切なのは、全社を挙げてリストラに集中すること。それから、担当者がプロジェクトの意義をよく理解し、反対勢力や抵抗勢力に飛び込んでいくことです。裸になって話をするということです。


日本は少子高齢化による人口減少の影響で、市場が縮小していく。考え方もそれに合わせてシュリンクしてしまっています。これはもったいない。世界には爆発的に人口が増えている地域もあるので、世界に目を転じれば何の心配もいらないのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ