青井忠雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

青井忠雄のプロフィール

青井忠雄、あおい・ただお。丸井社長。クレジット販売方式を導入し丸井を東証一部に上場する原動力となった人物。日本小売業協会常任理事。日本チェーンストア協会常任理事。青井奨学会理事長

商売はいつも先のことを心配しながらする方がいい。売れすぎるのはよいことではない。売れない時の方が工夫するものだ。工夫を重ねると商売の盲点がつかめる。


どこよりも親切に。日本一気分よく買える店を目指す。最後は何と言っても人で決まる。


私は決して全力疾走するつもりはない。やりすぎれば反動が来ます。しっかりと自分自身の手綱を引き締めて、平凡の非凡に徹しながら、素直にほどほど哲学を貫いていくだけです。


企業を継続し、かつ成長させていくには、目に見えない大きなプレッシャーがある。焦りや、世間に認めてもらいたいという功名心が二代目経営者の最も陥りやすい間違いです。私の「ほどほど哲学」は、こうした誤りをしないように、自分を戒める意味としても使っているのです。


バリバリやる企業という丸井のイメージと、中庸を保てという私の「ほどほど哲学」は一見矛盾しているように見えるかもしれない。だが、物販からキャッシングまで幅広く積極展開している丸井のビジネスは、あくまで私の「ほどほど哲学」の具現化なのです。もし、私が足元を見ずに突っ走る人間であったなら、今日の丸井はなかったかもしれない。


私の「ほどほど哲学」の取材を受けると「これだけ成長していて、どこがほどほどなのか?」と質問されます。私はこう答えるようにしています。「何事も、やりすぎても、やらなすぎてもいけない。企業の経営も人間の生き方と一緒で、上っすべりに調子に乗ってやりすぎれば必ずけがをする。前をきちんと見つめて、慎重に自分の足元を確認してから、次の一歩をじっくりと踏み出す。それが成功に結び付く秘訣であり、私が実践している「ほどほど哲学」なのです」


やりすぎてもいけないし、やらなすぎてもいけない。会社というものは、一度に利益を出しすぎると、その反動が必ずどこかに出てくる。


どんな苦境のときも、自分と戦って打ち勝たなければ、負けてしまうと思います。


いつかは挫折する時があります。どうぞその時は自分に負けないでください。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ