雄星(菊池雄星)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

雄星(菊池雄星)のプロフィール

菊池雄星、きくち・ゆうせい。日本のプロ野球選手(投手)。岩手県出身。小学3年生で本格的に野球を開始。花巻東高校野球部で1年時からレギュラーとして活躍。高校卒業後、ドラフト1位で西武ライオンズに入団。

一生懸命が一番カッコいい。


生活のリズムが狂い出すと、フォームも狂ったりします。計画や準備を怠ることは、失敗を計画しているようなもの。「準備イコール結果」だと考えています。


一塁までしっかり駆け抜ける姿勢は絶対に忘れたくない。ひたむきさを失わずに、人の心に何かを残せる選手、愛される選手になりたい。


プロで活躍してから体にお金を使おうと考えると、活躍できずに終わっていくと思うんです。先行投資して、活躍できる環境を自分で作れば、かけたお金が何倍にもなって返ってくるはずです。


投手にとって、一番大事なのはみんなに安心感を与えることだと思うんです。こいつで負けたらしょうがない、こいつと心中できると思ってもらえるか。そういう信頼というのは1日や2日では得られない。高校3年間を通して、しっかりやった者だけがつかめる。自分も、トイレ掃除を続ける姿を3年間見せたからこそ、仲間が助けてくれたのかなと思います。


背番号1を背負う以上、何でも一番でなければいけない。そんな自分なりの哲学があるんです。投球だけでなく、野球に対する心構え、考え方、姿勢……。すべてにおいてチーム一にならないと1番はつけられません。
【覚え書き|高校生時代の発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ