阿部祐二の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部祐二のプロフィール

阿部祐二、あべ・ゆうじ。日本のテレビリポーター。早稲田大学経済学部卒業後、学生時代から始めていたモデル、俳優の仕事に本格的に取り組む。モデルと俳優を続けながら家庭教師派遣会社を経営。その後、テレビリポーターとして活動を開始。『フレッシュ!』『スッキリ!』などのワイドショーでリポーターを務めた。主な著書に『恐妻家が成功する22の法則』など。

すぐに上手くいくわけがなく、私の前にベテランリポーターの方々がいる中で、なんとか認めてもらおうと必死でした。
【覚書き|リポーターを始めたころを振り返っての発言】


支えがあるから踏み出せるのではなく、踏み出すから支えてくれる人が現れる。私はそう思うのです。


「もう自分のやりたいことを追い求めている年齢じゃない」そんなふうに感じている30代の人もいるかもしれません。何の足がかりもないからと、挑戦を躊躇する人もいるでしょう。でも、あなたが一歩を踏み出せば、必ず助けになってくれる人は現れます。


すんなり話が聞けるとは限りません。事件現場のマンションの住人の方に話を聞こうと、すべての部屋のチャイムを鳴らしてお願いしたこともありました。しかし、そうした苦労をしても、相手が心を許して本音を聞かせてくれたときは本当に嬉しい。現場から視聴者の方に湯気が出るようなニュースを伝える喜びに目覚めたのも、30代のことだったと思います。


私は、「たかがリポーター、されどリポーター」という言葉が好きなのですが、芸能人でもない記者でもない、その中間にある存在だからこそ入り込めるところがあると感じてます。そして視聴者が一番知りたい情報は、そうした場所に眠っているんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ