間寛平の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

間寛平のプロフィール

間寛平、はざま・かんぺい。日本のお笑いタレント。高知県出身。12歳のときに大阪に引っ越す。高校卒業後、歌手を目指して上京するも挫折。すっとんトリオに弟子入りし、新世界のストリップ劇場「温泉劇場」で幕間コントに出演し修行する。その後、吉本新喜劇の研究生になる。以降吉本で頭角を現し人気芸人となった。

人間関係を円満にするコツは、とにかく「甘えること」ですね。人は、自分に甘えて頼ってくる相手とは敵対しないんです。地球一周に挑戦したアースマラソンでもね、現地のコーディネーターとか、怪しい人もいますよ(笑)。でも僕が甘えていくと、彼らも態度が変わってきます。そしたらもう安心です。


吉本でも才能ないし、セリフももらえんし、もうやめたいなぁと思ってたときに、芸人の木村進の励ましで思い直した。彼とはいいライバルでね。24歳のときに吉本新喜劇で木村とコンビで2人座長になったんです。でも一本立ちして1人で座長やれと言われたとき、それまで木村に頼ってたから僕は全然仕切れないわけ。そんなとき、めだかちゃん(池乃めだか)が入ってきて、僕をサポートしてくれてね。彼らがいなかったら、多分僕は潰れてたと思うよ。


芸能生活は40年以上になりますけど、僕はホント、人とのつながりだけで、ここまでやれてきた。芸能界に入ったのも、交通事故で入院したときに見舞いに来てくれた同級生の紹介だし、吉本に移ったのもその友だちの知り合いの喫茶店のママさんに仲介してもらったから。あの日彼が見舞いにこなかったら、当時やっていたタイル職人を今でも続けていたかもしれんね。


人に甘えて、そのつながりだけで生きてきた人間ですから、そのつながりは大切にしないといけません。だからこそ新年のごあいさつとなる年賀状は、毎年心を込めて、全部手で書いてるんです。お世話になった人、先輩後輩、吉本の関係者や芸人仲間たち、さらに高校の先生や野球部の先輩とも、ずっと年賀状を送り合っていますよ。全部で何百枚もあるから、書くのはメチャメチャ大変ですわ。でも、僕はパソコンとか、あまり使えんしね(笑)。気の利いたことなんて書けませんけど、手書きだと、やっぱりもらったときにあったかいでしょ。もらったときも、その一言がうれしいんです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ