間塚道義の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

間塚道義のプロフィール

間塚道義、まづか・みちよし。日本の経営者。富士通会長。東京都出身。学習院大学経済学部経済学科卒業後、富士通ファコム(のちの富士通FIB)に入社。その後、富士通本社に移り、常務理事、産業営業本部長、取締役、東日本営業本部長、執行役員、経営執行役常務、ソリューションビジネスサポートグループ長、専務、副社長などを経て社長・会長。

すべてが黒字でなければ通さないわけではありません。戦略案件で、今後の大型受注につながるものや、社員の育成につながるものは赤字でも積極的に取り組みました。


私は入社後ずっと営業畑を歩んできました。いろんな経験をしましたが、失敗もたくさんありました。失敗経験から「お客様との正常な関係を作り上げていく」ことの大切さを痛感しました。


ブランドの価値を上げるのも日々の積み重ねだと思うのです。


企業の信頼は個人の小さなことの積み重ねによってつくられる。


意地でもやり抜く。
【覚書き|スーパーコンピュータ「京」の予算が事業仕分けで削られ、存亡の危機に瀕したときの発言】


スーパーコンピュータはIT技術の集大成。「京」で世界一を目指すことは、ベテラン技術者の力を結集させ、若い技術者を飛躍的に伸ばすはずという信念で取り組みました。


たとえばコンビニエンスストアのシステム構築でも、お客様のお話を聞くだけでなく、その先の消費者の生の声をキャッチしなければということで、SE(システムエンジニア)が店員を経験するということまでやっています。


変革なくして、進化はありません。お客様の不満解消も、ニーズへの対応も当たり前です。さらなる付加価値をお客様に提案していく姿勢が必要です。


「とにかくやってみろ」という気風は、いまでも会社のDNAとして受け継がれています。


ITはヒューマン・セントリック、すなわち人を中心にあるべきだと考えています。人がつながる、夢が形になる。そんなネットワーク社会の創造をお手伝いしていきたい。


海外展開の合言葉は「Think Global. Act Local.(グローバルで考え、ローカルで行動する)」です。


最近、海外で日本の存在感が少なくなっています。これは由々しき問題です。今後も、科学技術は日本の中核です。科学技術を高める努力を惜しんではいけません。


蓮舫さんの「2位じゃダメなんでしょうか」発言で話題になったスーパーコンピューター「京」は、単体で見ると、実は数百億円の赤字だったんですよ。事業仕分けの対象になったことで、逆に燃えましたね。やるからには「何が何でも世界一になれ」と言い続けました。このプロジェクトで若い人が育ちました。それが一番の財産です。スパコンは競争力のある商品・製品を出すための基盤になる存在です。だから、世界一にこだわったのです。


2004年以降、プロジェクトを進捗状況ごとに精査する体制になっています。3億円以上の大型案件については、経営メンバーで1件1件すべて精査し、採算が合わないものはストップをかけました。


受注時はもちろん、プロジェクトのフェーズごとに進捗や費用をチェックし、お客様に納得感を持っていただきながら進めることが大切です。同時に、営業の行動を変え、お客様視点に立ち、お客様が儲かる仕組みを提案できるようにならなくてはいけません。それは営業個人だけではできない。会社全体で知恵を集める仕組みが必要です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ