長榮周作(長栄周作)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

長榮周作(長栄周作)のプロフィール

長榮周作、長栄周作、ながえ・しゅうさく。日本の経営者。「パナソニック」会長、「松下電工」社長。愛媛県出身。愛媛大学工学部電気工学科卒業後、松下電工に入社。ナショップ照明事業部商品企画開発部照明商品技術開発担当主査・次長、施設・屋外照明事業部商品企画開発部次長・部長、インドネシア子会社P.T.MABEL社長、SUNX(のちのパナソニック・デバイスSUNX)社長、松下電工(のちのパナソニック電工)照明デバイス開発事業部経営執行役事業部長、松下電工社長などを経てパナソニック会長に就任。そのほか(社)日本建材・住宅設備産業協会会長などを務めた。

正しい仕事をしても、それが通らないことが世の中ではよくあります。そんなときは、正攻法でいくのではなく、攻め方を変える。失敗しても、しつこくやり方を変化させていく。


正しいと思ったことは、途中で諦めてはいけない。たとえ諦めざるをえない状況になったとしても、自分から匙を投げてはいけない。


基礎ができていなければ、決して強くはなれません。高校の剣道部時代は、先生や先輩から「何事も基本が大切」ということを体で教えてもらった日々でした。


リーダーは会社のトップとしてではなく、人間として尊敬されなくてはならない。それには普段の言動が重要です。部下が挨拶しても知らんぷりでは、「なんやこの人」と思われてしまいます。


困難なことでも、一通り経験しておけば、次に同じようなことが起こったとき、対処が可能です。


挨拶するのは上司からでもいい、気づいた方からすればいいんです。そうした細かいことを大切にするのが、人間として尊敬されるリーダーです。


分からないことをそのままにして次に進まない、これが「守」です。基本をきちんと押さえてから応用に進む、これが「破」ですよね。ここまではいいのですが、「離」がなかなかむずかしい。「離」に達するのは一筋縄ではいきません。ただひとつ、これが大事ではないかと思うのは、「自分のすべてを捨てて向かっていく」ということです。


仕事も、無心で取り組むことができたとき、「守破離」の「離」に達するのではないでしょうか。


29万人の社員一人ひとりと向き合うわけにはいきませんが、できるだけ職場を回って、社員の声を聞くようにしています。特に若手社員とは懇談会を開き、「何を言ってもいいよ」と前置きした上で、自由に意見を言ってもらっています。


今、会長職として求められるリーダーシップとは何か、と問われれば、29万人の社員が気持ちよく働ける環境をつくることではないか、と考えています。


先のことを見通すのは、いかなる経営者にとってもむずかしいことですが、経験があれば、それをベースにリーダーシップを発揮していけるのです。


海外に工場をつくるときは、工場を建てる前にまず、現地に合わせた品質基準をつくらなければならない。そうしなければ、競争には勝てません。


現地のニーズに合わせた商品をつくることが大切です。どれほどよい商品でも、日本のニーズに合わせたものは、現地の消費者には受け入れられません。


私はかつて、インドネシアの関連会社で仕事をしたことがありますが、ここではショッキングなことがいろいろ起こりました。現地の事情や社員の考え方が、日本とはまったく違いますから。しかしそのおかげで、国内にいたのでは決してできない経験をすることもできました。


社長はいつもニコニコしているほうが、仕事ははかどると思っています。社員が率先して意見を言い合いますし、会議も前進します。


パナソニック電工社長に就任したとき、心に決めたことがあります。「決して怒らないでおこう」ということです。腹が立っても、部下をどなりつけない。社長が上から叱責してしまうと、部下は萎縮して意見を言わなくなってしまいますからね。企業のトップがどなったことで、重要な会議がストップしてしまった場面を、私は何度となく見てきました。しかし、これでは衆知を集めることなどかないません。


私が若かったころ、ある上司から「書類は6~7割できていたらそれでいい。走りながら修正していけばいいのだから」と言われことがありました。確かに、6割できたら次のことに着手したほうが、仕事をスピードアップできます。それに、今日できることは今日中にやってしまったほうが、明日を気持ちよく迎えられますしね。


私は仕事のことで部下に相談されても、すぐに答えを教えたりはしません。「君はどうしたいんだ?」と必ず聞き返します。そうすれば、部下は自分で考え、決めようとする。迷うたびに上司が答えを言ってしまったら、指示待ち人間ばかりが増え、正しい仕事を粘り強く実現していける部下は育ちません。


商品企画の部署にいたとき私の上司は、簡単にOKを出すような人ではありませんでした。何度も企画を突き返される中で、大いに鍛えられました。私はある意味、上司に恵まれていたと言えます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ