長崎忠雄(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

長崎忠雄(経営者)のプロフィール

長崎忠雄、ながさき・ただお。日本の経営者。「アマゾン ウェブ サービス ジャパン」社長。福岡県出身。米国カリフォルニア州立大学ヘイワード校卒業、スタンフォード大学大学院エグゼクティブプログラム修了。港湾関係メーカー、デルコンピュータ、F5ネットワークスジャパン・セールスマネージャ、セールスディレクター、社長、米国本社副社長などを経てアマゾン データ サービス ジャパン(のちのアマゾン ウェブ サービス ジャパン)社長に就任。

我々の利益を最優先にするのではなく、まずはお客様のニーズに応えることで満足を高めていくことが、最終的に自分たちの成長につながる。


2006年からの10年間で51回も値下げしています。これを実現するために、継続的に徹底したローコストオペレーションを追求しています。


新機能・新サービスを提供する際には、自分たちが獲得したスキルによって新たに実現できるサービスをリリースしていくのではなく、お客様やパートナー企業の声を聞く機会を設け、何を提供していくかを意思決定しています。


アマゾンでは、全社員がリーダーであるべしという考え方の下、すべての行動・判断の軸となる価値観「Our Leadership Principles(我々のリーダーシップ原則)」を掲げています。これには14の原則が記されています。


お客様のニーズが大きいサービス・機能を順次リリースしてきた。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ