鑄方貞了(鋳方貞了)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鑄方貞了(鋳方貞了)のプロフィール

鑄方貞了(鋳方貞了)、いかた・ていりょう。日本の経営コンサルタント。関西大学法学部卒業後、タイガー魔法瓶勤務、繊維商社役員などを経てアクティブ経営研究所を設立。著書に『社長に好かれるリーダーになれ』『あなたが変われば部下が変わる』。

よりよい人生を送るには、短所を直す努力をするよりも長所を活かすほうが大切。


後継者が経営者として求められる人間力を備えるには、まず自分自身の長所に気づき、それを仕事で徹底的に伸ばしてまわりから認められるようになること。そして認められるようになればなるほど謙虚に生きて少しずつ人望を得られるように、現経営者が導いてあげることが大切。


より幸福になるには、仕事でまわりから認められるにつれて「謙虚」に生きることです。「他の分野の仕事は知らない。ましてや世の中のことはほとんど知らない」「自分には短所(欠点)があり、不完全な人間である」ということを十分に認識する必要があります。そうすれば、まわりは「あの人は○○の分野ですごいのに、誰に対しても親切だし、腰も低くて素晴らしいですね。あの人のお手伝いをしてあげたい」となるはずです。その結果、まわりの支援を今まで以上に受けることができるようになるでしょう。


人間は誰でも、長所対短所は50%対50%だと思います。この地球上にあるモノは、裏表、前後、左右、陰日向というように、すべてが50対50だからです。


新任の社長は、一日でも早く自分の存在を社内に認めさせようと焦るものです。社内改革への取り組みも、あまりに急ぎすぎる場合は社員の反発を招き、社内で孤立してしまうような事態になりかねません。社長就任から1~2年は様子見をするぐらいの余裕を持った態度が望ましいと思います。


社長を退任しても自分の人生がそこで終わるわけではない。社長を退任した後の人生をどのように送るかについても、早めに気持ちの整理をしておきたいものです。会社の経営は後継者に任せて、自分は業界のご意見番として業界団体の役員として活動するのもよいでしょう。これまでお世話になった地域社会への恩返しとして、会長に退いてからは地域貢献の活動に注力するというのも立派な生き方です。また、自分の趣味を活かし楽しく過ごすという人もいます。


一番よくないのは、「自分の体力に自信がなくなったら社長を譲ろう」という考えだと思います。「自分の体力に自信がなくなる」という時がいつ訪れるのか、誰にもわかりません。これでは、後継者は社長になるための心の準備をすることができませんし、その時になって慌てて社長が交代するようでは、きちんとした経営のバトンタッチができるはずはありません。


経営のバトンタッチは長期的な視点で、計画的に考えなければなりません。自分が65歳で社長を退任するとすれば、その時までに会社をどういう状態に持っていくかという目標を設定し、計画的に事業を推進することです。


資金繰りの苦労だとか、会社経営の辛い面ばかりを子供に聞かせていないでしょうか。そういうマイナス情報ばかりを伝えていては、子供が会社を継ぎたがらないのは当たり前です。


次の世代への経営のバトンタッチを円滑に行ない、会社のさらなる事業の基盤を次の世代に引き継いでこそ、経営者としての仕事がまっとうできたといえる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ