鍋島直正の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鍋島直正のプロフィール

鍋島直正、なべしま・なおまさ。江戸時代末期の大名。肥前佐賀藩主。17歳で藩主を継ぐ。破綻寸前の藩財政の立て直しに尽力し藩政改革を行った。大胆なリストラ、多額の負債のリスケジュール、出自を問わない優秀な人材の育成・登用などをはじめ、数々の改革を行い藩の立て直しに成功。質素倹約と経営手腕により「そろばん大名」の異名をとった。

天下に先んじて憂い、天下に遅れて楽しむ。
【覚書き|破綻寸前の財政難の中、17歳で藩主になり、苦労に苦労を重ねて肥前佐賀藩を躍進させた自らの人生について語った言葉。】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ