鈴木雅哉(経営者)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木雅哉(経営者)のプロフィール

鈴木雅哉、すずき・まさや。日本の経営者。「MonotaRO(モノタロウ)」社長。埼玉県出身。立教大学社会学部社会学科卒業後、住友商事に入社。住商グレンジャー(のちのMonotaRO)立ち上げに携わる。その後、楽天を挟み、MonotaROマーケティング部長、執行役マーケティング部長などを経て社長に就任。

全く違う考え方を持つ企業や人によってルールが変えられてしまう、という恐れは常に持っています。誰よりも素早く変わるんだと思い続けないと。


競合よりもうまくできると確信できなければ、やっても仕方がない。


経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。


「何となく決まっている」常識を徹底的に疑うことで、モノタロウは成長してきた。


どんな顧客が何を求め、どう使っているのかを理解しなければ、商品仕入れを強化できない。


従来型のビジネスを破壊していると言われますが、焼き畑農業のようなことは考えていません。きちんと利益を出して成長するのが前提です。


ずっと同じことを繰り返すと社会体制の変化や技術革新に取り残され、働く場所がなくなってしまう。だからこそ、成長し続けることが企業には求められている。


課題は社員が皆、同じ方向を見ること。個々の人材はもちろん重要ですが、違う方向を向いていたら足し算にならない。コミュニケーションを深め、システム開発でも商品開発でも、社員のベクトルを合わせられる仕組みを整えることが、私の最大の使命です。


社内システムは基本的に内製しています。自分たちの頭で考えない限り社内にノウハウが蓄積できないし、改善スピードにも差が出ます。外部と組むと付加価値が流出しかねない。


顧客規模が小さいうちは、ニッチな商品はほとんど売れません。ところが品ぞろえと顧客数の両方が増えると、新たなニーズが生まれてくる。例えば農業用の除草剤が、製造業向けに売れるようになりました。工場敷地の駐車場で雑草を駆除するのが目的です。我々が足を使って営業活動をしなくても、思いもよらないお客さんが集まってくる。実際、当社には営業担当者はいませんからね。


独自のデータベースを作ったところで、大企業へ売り込みました。ところが全くうまくいかない。バイイングパワーが無いので価格競争ができないし、システムの使い勝手も悪かったので、見向きもされませんでした。そこで方針転換し、中小企業に集中することにしました。間接資材のメーカーや問屋の営業マンは、1回当たりの購入額が大きい大企業に集中しがちです。そのルートから外れた中小企業向けに、通信販売の仕組みを提供できればビジネスになると考えたわけです。


間接資材の国内市場規模は5兆円とも言われていますから、シェアは1%程度にすぎません。競合があまり手掛けていないブルーオーシャンを、切り開いている感覚ですね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ