鈴木孝博の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

鈴木孝博のプロフィール

鈴木孝博、すずき・たかひろ。日本の経営者。インターネット接続サービスのUCOMの社長。東京出身。慶應義塾大学商学部卒業後、野村證券を経て、CSK(のちのSCSK)に入社。CSKホールディングス副社長を経て、UCOMに移り社長に就任。そのほか、「発現マネジメント」社長を務めた。

「自分は運がいいのだ」と思いこむ。そして、日頃からどんな事でもいい方に解釈するようにしています。


新商品が長らく登場しないと、価格競争だけが頼りになり、社員も自信がなくなります。新商品はそれ自体がビジネスを盛り上げるだけでなく、組織の活性化にもつながります。社員の本気度が高まり、取引先の見る目も変わってきます。


成功体験に安住してしまうと、ハングリー精神が衰えます。そこで、過去の成功体験にとらわれず、常に次を求めて貪欲に走り続けるため、品質改善や商品開発のペースを上げました。


UCOMの主なターゲットは、法人向けでは中堅企業、個人向けでは都市部のマンション居住者に絞り込んでいます。もともと、そういう傾向がありましたが、私はあえて明確化しました。市場を絞ることは勇気がいりますが、ターゲットが鮮明になったとたん、開発部隊が新商品を必死に考え始めました。万能型にする必要がないので、設備投資もサービスも集中でき、余計なコストもかかりません。だからこそ当社は一歩先行く商品を競争力のある価格で提供できるのです。


組織の頑張りを引き出すのはトップの役割です。明快なビジョンを掲げ、チームごとの役割を明確に示しました。いわゆる文鎮型に比べるとスピード低下の恐れがあるかもしれませんが、組織や事業の目的を周知徹底することで、組織全体の思考の器が広がり、そのような問題は克服できます。


メンバーの顔触れが同じでも、編成の仕方ひとつで組織は変わります。新生UCOMのビジョンに照らして、どういう布陣が最も力を発揮するのか、それを考えるのが私の仕事です。


時代を先取りする商品を他社に先駆けて投入し続けるためには、組織が元気でなければなりません。私は、ミドル層が大いに活躍できる組織を理想としています。この世代が活き活きと張り切っている会社はよく伸びます。そのため、ミドル層が活躍できるように、その権限や会議の進め方、報告のあり方も見直しました。


古来から、幸せは人間関係に恵まれる「福」、経済的に恵まれる「禄」、健康に恵まれる「寿」の3つのバランスから成ると言われます。UCOMはこの「福」を支えるコミュニケーションを担う会社です。いつでも「つながっていること」が意識できる実感。それがUCOMが提供できる最大にして究極の商品なのです。


通信事業の世界は、大小多くの企業がひしめき合っています。その中で埋もれずに、キラリと輝く独自性を保ち、押しも押されもせぬ存在になりたい。社内には「通信事業者だけれど、単なる通信事業者ではない」事業体を目指そうと呼び掛けています。


人間が持つ「健康に生きよう」とする本能を目覚めさせれば、ジム通いやサプリメントもその効果が増し、明るく活き活きとした毎日につながる。


物事が順調に進んでいると慣れが生じ、感性も鈍くなってしまいがちです。それを回避するために、毎日何でもいいので、「その日の3つの発見」を寝る前に思い起こすようにしています。すると、気持ちにメリハリがつくのか、物事がバランスよく機能する気がします。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ