金澤悦子の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

金澤悦子のプロフィール

金澤悦子、かなざわ・えつこ。日本の経営者。女性限定お仕事コミュニティーサイト「はぴきゃり」などを運営する「はぴきゃり」の創業者。東京出身。東海大学文学部広報学科在学中、イベントコンパニオン派遣事業を立ち上げる。卒業後、リクルートに入社。同社でトップセールスとなる。その後、同社を退社し、キャリアデザインセンターの設立に携わる。広告営業局次長、広報室室長、20代~30代の働く女性のためのキャリア転職マガジン『ワーキングウーマンtype(のちのウーマンtype)』初代編集長などを務めた。その後独立し、フォーウーマン(のちの「はぴきゃり」)を設立し、働く女性を支援している。主な著書に『ハッピーキャリアのつくりかた』ほか。

私には、これまで3回の成功体験があるからわかるのですが、8合目に差しかかる直前が、一番つらいんです。


40歳で新しい世界に飛び込むのは厳しい。会社で仕事をしているうちに、大学時代に抱いていた独立心も薄れていました。独立して失敗するかもしれないけれど、やりたい道を進んだほうが私らしいと思ったんです。
【覚書き|独立した当時を振り返っての発言】


仕事漬けの日々でしたから、友人も離れていきました。アウトプットのみを続けていたので、自分の引き出しは空っぽになっていく。身体が悲鳴をあげ、ようやく私は「頑張る」ことをやめることができたんです。


30歳まであと5年ありました。でも、そのときの仕事は、残り5年続けていきたい仕事ではありませんでした。転職先はベンチャーなので、給与の面などの不安はありましたが、迷いは不思議とありませんでしたね。
【覚書き|リクルートを辞めたときを振り返っての発言】


20代後半は、第2の思春期だとよくいっているんです。職場でキャリアのロールモデル(お手本)を見つけにくいので、3~5年後の自分の姿というのが想像つかないんです。働く女性が増えたといっても、いまはまだ点在している状態。女性の先輩の哀しい姿を見てがっかりしたという話もよく聞きます。仕事も人生もハッピーに生きている女性は意外といるのですが、みな存在を知らないんですね。
【覚書き|働く女性のコミュニティサイトをつくったきっかけについて語った言葉】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ