金子清孝の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

金子清孝のプロフィール

金子清孝、かねこ・きよたか。日本の経営者。イトーキ社長。京都大学文学部卒業後、伊藤喜工作所(のちのイトーキ)に入社。総合企画室課長、社長室長、管理本部次長、総務部長、取締役、管理本部副本部長、総務本部長、常務、イトーキクレビオ社長などを経て本社社長に就任。

悔しいけれど、必要なものだから買わないわけにはいきません。口約束で一式などと言っても、通用しない社会なのです。提携先企業との契約書がすごく厚かった理由がよくわかりました。
【覚書き|アメリカ駐在時代、新しくアパートを借りたとき、前の住民から家具一式を買わないかと持ちかけてきた。喜んで約束したところ、当日にシャワー室のドアは別料金だと追加でお金を請求されたエピソードについて語った言葉。のちにこの失敗の経験が重要な教訓となり、外国企業とのやり取りで非常に役に立つこととなった】


現代と違い、海外がすごく遠い時代です。ましてや私は、海外旅行すらしたことがなかったので、見るものすべてから強烈な印象を受けました。
【覚書き|30代前半でイトーキ初の海外駐在員として派遣されたときを振り返っての発言】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ