野間口有の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

野間口有のプロフィール

野間口有、のまくち・たもつ。日本の経営者、工学博士。三菱電機会長。鹿児島県出身。京都大学大学院理学研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー兼自動車エレクトロニクス開発部ECIグループ主幹、中央研究所エネルギー研究部長兼応用機器研究所電子制御開発部MICSグループマネージャー、中央研究所量子エレクトロニクス研究部長、本社開発部次長、材料デバイス研究所長、中央研究所所長、情報システム研究所長、情報技術総合研究所所長、常務開発本部長、専務を経て社長・会長。

経済に限らず世の中の動きには報道される表層の流れと、それとは異なる本質的で根幹的な部分を成す底流とがあります。私が常々経営者として見失ってはならないと考えているのは、その底流のほうです。


私は社長時代に選択と集中という言葉はあまり使わず、「強いものをより強く」を口癖にしてきました。こうすればこう脱皮できる、こう飛躍できるという視点で技術を深掘りし、事業を大きくすることによって新たなチャンスが生まれます。その結果として、新しく事業を起こすもの、撤退するものの選別も、よりハッキリしてきたわけです。


仕事をしていて、なんとなく元気が出ないと思う日があります。そんなとき、外からどう見られるかということよりも、自分を信じるところをとりあえずしっかりやっていけばそれでいいのだ、という思いでやってきました。


私は経営者として社員に向かってメッセージを発する際にも、継続を大事にしています。メッセージの基本コンセプトは変えない。言葉は様々でも、同じことを継続して言い続けるのです。私のメッセージの根底にあるものが、社員ひとりひとりにとって体質やDNAとなってくれるまで、これからも同じことを話し続けようと思っています。


私は研究所の時代から今日まで、「ヒット商品をつくれ」とは言わないできました。意識してヒットを狙うのではなく、自然にヒットが出るような体質づくりこそ大切だと考えているからです。常に技術を磨き、工夫して品質改善を重ねる。足腰を鍛え、鋭いスイングのできる筋肉や技術を蓄える。土壌があればヒットは自然に生まれるはずです。


社員全体に、ことあるごとに呼びかけてきた言葉には「チェンジ・フォー・ザ・ベター」があります。これは以前から我が社にあった言葉ですが、私はこの言葉から「継続的な改善」の大切さをくみ取っています。ベストで止まってしまうのではなく、ベターの積み重ねが大事だということです。


営業で強調しているのは「営業は、ひとりひとりが我が社の顔だ」という点です。たとえばエレベーターの営業担当者がお客様のところで、ビル全体の空調や照明、セキュリティ、省エネなどについて相談を受けることがあります。その場合、自分の担当外であっても、「三菱電機にはこういういい商品があります。すぐ専門の担当者を連れてきます」というように、連携営業をしてほしい。その担当者が三菱電機の代表なのです。営業は我が社の顔とは、そういう意味です。


部下の弱点をうるさく指摘するのではなく、強い部分を引き出して伸ばしてやる。部下と接するとき、私はいつもそういう言葉を投げかけるよう心掛けてきたつもりです。


私が社長に就任したとき、いかに会社を立て直すかが課題の時期でした。そこで「強いものを、より強く」を打ち出したわけです。似た言葉に「選択と集中」がありますが、これは何を選択すべきか選択の基準がわかりづらい。その点、「強いものを、より強く」なら、「ああ、そうか。この工場にはこういう得意分野がある。それを日本だけでなく世界に売れるものにすればいいんだ」と、やるべきことを具体的に思いつくことができます。


長所を伸ばせば、弱点は自然とカバーされるものです。たとえば、我が社の経営戦略の基本に、「強いものを、より強く」がありますが、これは自社で持っているいい製品、技術、得意な分野に力を入れていくということです。強い部分に力を注ぎ、それを伸ばしていけば、弱いところは自然と整理されカバーされていきます。


欠点や弱点を指摘するより、いい点を褒めて伸ばす。さらに単に褒めるだけでなく、自分より後輩であっても、その人の得意分野なら頼りにしてやること。そうした接し方、声のかけ方が人を育てることにつながると思います。


組織のリーダーとして大切なのはチームの一人一人の力を最大限引出し、彼らがポジティブな気持ちで仕事に取り組めるようにして職場のベクトルを合わせることです。


部下に対して欠点や弱点をダイレクトに指摘する正直さはむしろ不要です。相手を落ち込ませるだけです。私の場合、部下に対しては、常に「元気が出るような言葉」をかけるよう気を付けてきました。具体的には、少しでもその人のいいところを見せてやるということです。


現代は経営の透明性、説明責任が厳しく問われる時代。その意味からも社の内外に対して正直に話すことが一番の基本だと考えています。


経営者として意識的に一番基本に置いているのは「正直に話す」ということです。自分の考え方や経営状況、問題点や方向性など、社員に向かって本音でフランクに話して、自分の逃げ場をつくらないでおくことが、リーダーには大事だと思っています。


失敗して十分反省している人間に追い打ちをかけて怒ってみても、決していい結果には結びつきません。失敗をみんなの力でどうカバーするか、問題の背景は何か、再発防止のために何をすべきか、その探求に力を入れた方が問題の処理において、より本質的な解決につながるとも考えました。


部員が製品に何か品質問題を起こしたときも「何だッ、これは!」と怒鳴りつけることはできず、「一緒に考え、一緒に直そう」という姿勢を取ってきました。もちろん、上司と部下の関係なので形の上では叱ることになりますが、その中に「俺も若いときは同じような失敗をしたものだ」などという言葉を必ず加えたものです。


会社にとって何より大事なのは、設定した目標を達成して満足することではなく、継続的な改善を進めることだということです。


商品のヒットは続かなければ意味がありません。一発ヒットを狙って研究開発した打ち上げ花火のような特定商品に頼るのではなく、ヒットが自然に生まれる土台づくりこそ大切です。会社全体を強くすることに努めるべきなのです。私は若いころ研究所で何度もヒット商品が生まれる現場に居合わせました。そのときの体験からそう考えているのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ