野田稔の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

野田稔のプロフィール

野田稔、のだ・みのる。日本の経営学者、コンサルタント。明治大学教授(専門は組織論、経営戦略論、ミーティングマネージメントなど)。東京都出身。一橋大学商学部卒業後、野村総合研究所に入社。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。野村総研経営コンサルティング一部部長、リクルートのフェロー(年俸契約客員社員)、多摩大学経営情報学部教授などを経て人事コンサルティング会社ジェイフィールを創業。テレビのコメンテーターなども務めた。主な著書に『組織論再入門』『あたたかい組織感情』『コミットメントを引き出すマネジメント』『やる気を引き出す成果主義 ムダに厳しい成果主義』など。

優れたリーダーは、みんな配慮の達人といえます。自分だけでなく、周囲の人々の気持ちや動きさえもいい方向に導くのです。


少しだけでも、相手の視点を考えながらしゃべるだけで、うまくいくものです。


じつは、話すという行為は、自分が言いたいことを言うことではありません。相手が聞きたがっていることを話すのです。すると相手は喜んでくれ、自ずと自分の評価も高まります。相手のききたいことを話せる人とは、相手に対しての配慮がきちんとできる人です。


家庭で奥さんと話すときに、不用意なことを言うと危険だから、真剣に考えるでしょう(笑)。こう言ったら、こう返される。じゃあそれは言わないでおこうとか、いまは洗い物をしていて聞こえにくいだろうから、後にしようとか。まさにリスク回避の発想であり、相手に対する配慮です。それだけで印象も変わります。それを職場に応用すればいいんです。


失敗しても、周りの反応を見ながら修正するのです。プレゼン術もPDCA(計画、実施、検討、対処)サイクルで改善すればいいのです。日ごろのリハーサルやイメージトレーニングがものをいいます。準備や練習をしないと無駄なことばかりしゃべってしまい、周りから疎まれます。この準備や練習も、相手に対する配慮なんです。


いい職場には、お互いに刺激し合って高め合う一種の緊張感があります。お互いが信頼の上に成り立っているから、たとえ厳しいことを言い合っても、ギスギスしません。高いレベルで仕事をこなしているので、勝った負けたというレベルの低い話にはなりません。自分のポジショニングを上げるためのプレゼン術は、理想的な関係が実現するまでの過渡的な態度ととらえる必要があります。


わざわざアピールなどしなくても、お互いにわかってもらえるほど能力の高いメンバーが集まった組織ならプレゼン術なんて不要です。ギスギスした組織の場合、プレゼン術を磨く前に、本来は人と人の関係から直して、組織を変えることが先決なのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ