進藤孝生の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

進藤孝生のプロフィール

進藤孝生、しんどう・こうせい。日本の経営者。「新日鐵住金」社長。秋田県出身。一橋大学経済学部卒業後、新日本製鐵(のちの新日鐵住金)に入社。ハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得。新日本製鐵広畑製鐵所総務部長、経営企画部長、参与経営企画部長、取締役経営企画部長、執行役員経営企画部長、執行役員総務部長、副社長、新日鐵住金副社長などを経て社長に就任。

我々の技術は、日本の一流の需要家に鍛えられてきたものです。コストだけでなく、品質しかり、納期しかり。


曇る日も照る日もある。焦らず、慌てず、しかし、侮(あなど)らず。


グローバル人材に必要なのは「語学×専門知識」の掛け算で、どちらかがゼロだと片方にたけていても結果はゼロになります。


人の作れない製品をつくり、人と同じ物をつくるのであれば人よりもコストを抑えてつくる。


憎らしい人の中にも必ず良いところはある。私は話をよく聞いて、相手の良い部分を探し出すのは得意です。


技術は魔法のようなもの。技術開発で不可能なことが可能になる。


我々は日本の顧客に鍛えられて競争力を高めてきた。先輩の経営者にならって、日本経済全体の利益をよく考えて経営したい。


自分は管理部門中心にキャリアを歩んできており、営業や技術の経験は少ない。だが、社内には優秀な社員・役員がいる。彼らの叡智を結集して経営に当たりたい。


座右の銘は「Honor is equal(名誉は皆に等しく与えられる)」。若い時に10年間プレーしたラグビーの言葉だ。トライして得点した人もスクラムで重圧に耐えた人も、役割は違ってもチームへの貢献は同じ。


「仕事本位」が自分の考え方。旧新日鉄2に対して旧住友金属1という役員比率を形式的に守る必要はない。個々の仕事を進めるのに誰が適材かを判断して配置した結果、2対1とならなくても問題はない。適材適所こそが、長い目で見て皆が納得するやり方ではないか。


新興国企業の追い上げはあるが、我々には優れた顧客がおり、共に技術を磨いていける。そうすることで、技術力の差を維持する。


相手のカルチャーを理解するのは、その国に住むのが一番。海外には200社くらいのジョイントベンチャーがあるので、そうした会社に出向してもらって経験を積んでもらうようにしています。もちろん技術者にも行ってもらっています。


業界1位と2位が一緒になるといった、化学業界で起こっているような大型再編が起こらないとも限りません。その時に、きちんと戦えるような形にしておかなくてはならない。


英語は勉強すれば何とかなりますが、専門知識は一朝一夕に養えるものではありません。ここは日本でしっかり身につけてもらい、30代になったら海外経験をしてもらうことが重要。


海外には既に197社の合弁会社がありますが、現地パートナーと事業を伸ばしていくつもりです。敵対的買収はしない方針ですから、お互い納得した上で手を組んで、ともに成長を目指します。


旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合し、1年6カ月経ったところで経営のバトンを受け取りました。人事総務畑が長く、(旧新日鉄の)歴代社長の多くが歩んだ営業の経験はありません。丁々発止とは縁遠かった。今は、納得感を醸成するタイプの経営者が必要な時期なのだと受け止めています。


粘り強く話を聞いて、みんなに51%ずつ納得してもらう。「和をもって貴しとなす」。色々な主義主張を持った人たちに納得してもらいながら、チームワークを作り上げる。それが私の組織運営スタイルです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ