近藤聖司の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

近藤聖司のプロフィール

近藤聖司、こんどう・せいじ。日本の経営者。「コンテックス」社長。家業の近藤繊維工業(のちのコンテックス)に入社し4代目社長を務めた。また、四国タオル工業組合理事長を務め、今治タオルのブランド育成に尽力。

ブランド価値が生まれたことで、単価も上がりましたし、販売先に対しての交渉力も上がりました。商売面では10年前とは隔世の感がありますね。


ブランド化によって、産地の生産量は20%伸びましたが、日本全体で考えればわずか2%の伸びでしかありません。それでも、今治の人たちが「おらが町のタオル」を応援してくれるようになったのです。それが、大きいのだと思います。


新たな需要を創出しようと新製品づくりに励みました。その中からタオルハンカチやタオルマフラーなどのヒット商品も出てきました。コストの面では海外製品に太刀打ちできませんから、独自の方向性を探したわけです。


今、力を入れているのが人材育成です。採用もままならない時期が続きましたから人材が育っていないんですね。機械は進歩しましたが、タオルは複雑な織物です。基本を理解していなければいいものは織れません。そのため検定試験も復活させています。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ