近松門左衛門の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

近松門左衛門のプロフィール

近松門左衛門、ちかまつ・もんざえもん。江戸時代元禄期の人形浄瑠璃・歌舞伎の作者。越前国(のちの福井)出身。父が吉江藩士を辞したのをきっかけに京都に移住。その後多くの作品を残した。主な作品に『出世景清』『曾根崎心中』『堀川波鼓』『冥途の飛脚』『国性爺合戦』『平家女護島』『心中天網島』『女殺油地獄』『けいせい仏の原』ほか。

人から恨まれようが、憎まれようが、それで死ぬことはない。


これは劇というものの真髄をとらえている。観客を考慮に入れているからだ。観客は役者よりも事情をよく知らされている。どこに間違いがあるか知っていて、何も知らずに運命へと突っ走る舞台の上の可哀想な人物たちを憐れに思うのだ。
【覚書き|上記は弟子の作品に対する賛辞】


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ