辻井隆行の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

辻井隆行のプロフィール

辻井隆行、つじい・たかゆき。日本の経営者。アウトドア用品のパタゴニア日本支社社長。東京出身。早稲田大学教育学部卒業後、日本電装(のちのデンソー)に入社。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)を修了。大学院修了後、シーカヤック専門店「エコマリン東京」に入社。アウトドアスポーツに魅了され、国内外を回る。パートスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷店に勤務。その後正社員となり、パタゴニア鎌倉店勤務、マーケティング部勤務、ホールセール・ディレクター(卸売部門責任者)、副支社長などを経て日本支社社長に就任。

関係者が一堂に会する場で率直な意見を交わすことができれば、自分の意見に対する上司らの反応が自分の目で確かめられる。また、同じテーマに関する他人の意見を目の当たりにすることによって、自分の意見を客観視することも可能になる。


部下に対して「会社全体の利益を考えろ」と言いながら、経営に関する情報を十分に出していないのは矛盾している。


「相手の立場で考える」というのは、よく聞かれる言葉だが、実行は非常に難しい。慣れ親しんだ自分の思考方法を手放し、他の論理を受け入れるには、意図的にトレーニングを続けることが必要だ。


経営幹部の会合では、担当している部署以外の課題解決に自分の部署がどのように関わっていけるかを考えてもらうようにしました。


「1か月に1度進捗を伝える」というのは、問題を解決するうえでは小さな一歩に過ぎない。しかし、問題を他人のせいにせず、自らの問題として協力して解決していくという意識を共有できたことは大きかった。


膠着状態を脱するには、誰かが「自分の立場・意見」からいったん離れなくてはならない。私はそれを自分の役目だと感じた。


企業の経営では、複数の部署に関係する問題で「あちらを立てればこちらが立たず」というジレンマの状況に陥ることは珍しくない。たとえば、いくら全社で「顧客満足度を高めろ」といった共通の目標を掲げていても、各部署が日々の業務で達成すべき目標が異なれば、部署間の利害はどうしても対立してしまうものだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ