赤澤健一の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤澤健一のプロフィール

赤澤健一、あかざわ・けんいち。日本の経営者。「リヴァックスグループ」社長。兵庫県出身。近畿大学卒業、同志社大学大学院博士前期課程修了。大栄サービス(のちのリヴァックス)に入社。同社社長を務めた。

ちゃんと報告することが信頼性に繋がっている。


経営というのは弱肉強食ではなく適者共存。市場に対する対応力を持ち、それを上げることができていなければ非常に危険。


リーマンショックで、弊社も大きな影響を受けました。それを契機に自分達の活動をイチから見直すことになりました。それまでは、自分たちの価値をお客様に提供しようとやってきていましたが、自分達が顧客にとって価値ある存在にならなくてはならないということに気付き始めました。それで、会社のミッションを再認識することから始まり、ミッション、経営理念を見直して、それを具現化のために社名を変えようということになりました。


未だに人(社員)をコストとして見ている会社が多い。働いている人は安い方がいいという見方をしてしまっている。しかし、これから生き残っていくためには人はコストではなく貴重な資源であると見なければならない。


弊社のビジョンに「日本で一番遵法性と透明性の高いビジネスを目指します」と掲げている以上、ネガティブ情報を出さないと嘘になりますので、情報開示は報告書の肝であると考えています。


スタッフたちは孤独死や自殺の悲惨な現場を目の当たりにして、やり切れない思いをすることもありますが、依頼主からいただくお礼の言葉が新たなモチベーションにつながっています。


廃棄物処理は単なるゴミ捨てではなく、社会貢献型の重要なビジネスです。その思いがあれば、業界の常識にとらわれない新しい発想を生むことができます。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ