谷繁元信の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷繁元信のプロフィール

谷繁元信、たにしげ・もとのぶ。日本のプロ野球選手(捕手)、監督。広島県出身。小学2年から野球を始める。江の川高等学校(のちの石見智翠館高等学校)で甲子園に2回出場。ドラフト会議で1位指名され横浜大洋ホエールズ(のちの横浜DeNA)に入団。中日ドラゴンズに移りチームの要として活躍したのち、同チーム監督に就任。

瞬間、瞬間に何が必要かを考え、必死にやってきた。その積み重ねが今日をもたらした。


捕手はゲームセットの形を考え、常に引き算をしている。つまり、相手との点差を始終気にかけているんです。


25年間の選手生活で一番印象に残っているのは落合(博満)さんでしょうか。落合さんと出会ったときいきなり「そんなにのんびりしていていいのか」といわれ、戦いが始まりました。


落合(博満)監督時代、ちょっとしたことで代えられたり、使ってもらえなかったり。どうやったら試合に出られるかを考えた末、自分が出たときの勝率を上げれば使わざるをえなくなるだろうという結論を出した。勝てば試合に出られる。じゃ、勝つためにはどうするか。そのくり返しでした。


コミュニケーション力は年中必要。監督の些細なひと言で、選手は楽になったり、吹っ切れたりする。25年やっている自分でも、孤独を感じるときがありますから。


「見る力」「読む力」「決断力」「我慢する力」「コミュニケーション力」「優しい心」「鬼の心」この7つを兼ね備えていれば、監督として完璧です。


人生を振り返り、はっきりいえるのは、一度も流れに逆らわなかったこと。高校進学も、第一志望の広島の学校に行けず、島根に行ったことで、甲子園に出場し、運が開けた。今回のプレーイングマネジャー(選手兼監督)も、自分がそうなりたくてなったわけじゃない。気がついたら、そうなっていただけ(笑)。流れに逆らわず生きてきたことが、運を呼んだのかもしれませんね。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ