谷川須佐雄の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷川須佐雄のプロフィール

谷川須佐雄、たにかわ・すさお。日本のヴォイス・アナリスト。石川県出身。武蔵大学卒業後、大手生命保険会社でトップセールス・マネジャーとして活躍。その後、戦略発声法研究所(のちにプロメッサ総合研究所)を設立して発声法やコミュニケーションについて教えている。そのほか、発声法指導者資格認定機構代表、日本交渉学会理事、東京都市大学講師などを務めた。著書に『会社で意見が通る人、通らない人』『声の出し方・つくり方』『仕事も人間関係もすべてうまくいく声の出し方つくり方 成功する人は、“声の使い分け”がうまい!』『開き直れ! 少し開き直れば、あなたの夢は必ずかなう』『文句を言う技術 相手も自分も得する人間関係をつくる!』『願望を実現する交渉力 WIN‐WINな関係を作るネゴシエーション・テクニック ビジネスは対人関係で決まる!』『人間関係に自信がつく本 気疲れ、悩み、トラブルを解消しよう』『仕事の9割は声で決まる!』ほか。

勘違いしないでほしいのは、生まれつきいい声と悪い声があるわけではないということです。欧米のエリート・ビジネスマンに会うと、たいていカヴァード・ヴォイス(声を直接口先から出すのではなく、胸と頭に共鳴させるようにして出すいい声)で話しますが、それはそのための訓練を受けてきているからなのです。


とくに営業マンの方にとっては、声はお客様とつながるパイプのようなものです。そして、人間の印象の約4割は、声の質、トーン、速さ、大きさといったもので決まっているのです。好かれる声は意識して訓練すれば身につけることができます。これを身につけない手はないでしょう。


本当に売れる営業マンというのは、お客様に媚びません。お客様から素敵だなあ、あの人といるとこちらも気分がいいなあと、お客様に好かれている人が結果的に一番売れているのです。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ