谷崎潤一郎の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷崎潤一郎のプロフィール

谷崎潤一郎、たにざき・じゅんいちろう。日本の小説家。近代日本文学を代表する作家。娯楽的なジャンルにおいても多くの作品を残した。代表作に『刺青』『痴人の愛』『春琴抄』『陰翳禮讚』『細雪』『鍵』『瘋癲老人日記』など。主な受賞に毎日出版文化賞、朝日文化賞、文化勲章、毎日芸術賞。

人は健康になろうと思ったら、西洋流に強く明るく、積極的に生きることだ。食物であろうが、色欲であろうが、欲するままに精一杯貪ることだ。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ