谷口恒の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

谷口恒のプロフィール

谷口恒、たにぐち・ひさし。日本の経営者。ロボットメーカー「ZMP」社長。群馬大学工学部卒業後、制御機器メーカーでブレーキシステムの開発に携わる。商社営業職を経てインターネットコンテンツ会社などを設立。その後、ZMPを創業。

とにかく、「やる」と決めて実行することが大切です。小さな失敗はたくさん出ると思いますが、失敗を軌道修正していくことで進むべき道が見つかる。


大切なのは、よりスピードを重視すること。今までやってきたことにこだわりすぎないこと。


一見関係ないように思えることでも、面白半分にやってみると視野が広がる。


技術の追求も大事ですが、ビジネスとしては先に実装したほうが勝ち。


私たちはベンチャーなので、挑戦しなければ意味がない。


今までなかったロボット技術を生み出すには新たな価値観を取り込むことが重要と考え、エンジニアの半分を海外から採用しています。東京本社には世界12カ国から多様な教育を受けて多様な価値観を持った社員が集まっています。彼らが化学反応を起こしながらイノベーションを創出することを期待しています。


いきなり数億円規模の大きなプロジェクトを動かそうとすると、事業計画をつくり、予算を立ててと身構えてしまいますが、少人数で数千円を折半するような形ならさっとスタートできます。


先方の技術の方が優れていれば、そちらを活用します。自前にこだわると事業の進行が足踏みしかねませんから。プロダクト、サービスをいち早くつくることこそ重要。手段にはこだわらない方針です。


上場は社会に影響を与える一つの材料だ。広く周知してもらえるし、株主によって様々な議論があってもいい。


現在売上高はほとんど自動車関連だが、一極集中体制では会社として成長は見込めない。物流も大きな事業に育て、複数本の事業の柱を作っていく。


上場すると「さらされる」ことでベンチャーらしさがなくなってしまうと危愼する人も多い。しかし、外国人社員の割合5割は維持していく方針だし、シリコンバレーらしい環境を日本で、という思いは上場後も変えるつもりはない。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ