諸戸清六(初代)の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

諸戸清六(初代)のプロフィール

諸戸清六(初代)、もろと・せいろく。幕末から明治にかけての実業家。一代で莫大な財を得て、「森林王」「日本一の大地主」と呼ばれた。伊勢国(のちの三重県)出身。父が病死したため18歳で家督を継ぐ。父が商売失敗でつくった莫大な借金を昼夜を問わず猛烈に働き完済。米穀業で財を築いた後、林業に進出し日本有数の地主となった。

時間は金、忘れてはならぬ。


馬鹿になれば利口、利口になればまた馬鹿。馬鹿になって物事を尋ね、馬鹿になって商売せよ。


どこまでも銭のない顔をせよ、銭のある顔をせば贄費(ぜいひ)多し、たとえ銭なき顔をして人に笑わるることあるも、後日には誉められる。


一銭の金も骨折って儲けよ、楽して儲けた金は落としやすし。


身代(財産)を大きくしたいならば、丁稚下女のする事までに気を付けて差図せよ、小さい事に目を付けぬ者は到底大事は出来ぬ。


商取引をなすには先方の掛引を見分けるが肝腎なり、これが出来ぬものは商売をするな。


まぐれ当りにて儲けし金は、他人の金を預ったと同じことなり。


出来るだけ人の下風に立ちて、頭を下げる者は必ず勝ちを占(し)む。


身代(財産)を減らす者は大抵、口先はよくて尻結びの無い、先きの見込の付かぬ者なり。


無益の道具類を買うな、買えば他人に見せたくなり、自然と自分の職業を怠り、時間を費すべし、慎まざるべからず。


身代(財産)を減らさぬ考をするには平素交際する人を選べ。


派手にすべからず出来るだけ質素にせよ、衣服は垢の付かぬ木綿服にて充分なり。


顔をよくするより金を儲けよ、金儲かり家富まば自然と顔もよくなる。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ