見城徹の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

見城徹のプロフィール

見城徹、けんじょう・とおる。日本の経営者、編集者。出版社「幻冬舎」創業者。静岡県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、廣済堂出版編集者、角川書店『野生時代』副編集長、『月刊カドカワ』編集長を務めた。小説などの編集者としても活躍。数々のベストセラーを世に出した。角川書店取締役編集部長を務めたのち、独立して幻冬舎を設立。同社を大きく成長させた。

人と関わるうえで一番大切なのは、義理、人情、恩返し。頭文字をとって僕はGNOといっている。


「負ける」と「負けている」は、まったく別のものである。負けたと認めたときに負けとなる。


抱えている仕事で憂鬱なことが3つ以上ないと不安になる。楽な仕事など、大した成果は得られない。憂鬱こそが、黄金を生む。


自分が七転八倒して悪戦苦闘したものが、実を結ばないことなんてない。


リスクがなければ得るものはない。リスクがあるものをやらない限りは、鮮やかな成功は手に入らない。


私には人がそんなバカなということを選び、やり続けてきた自負がある。


小手先じゃなく、自分の方法を自分でつかみ取らなくてはならない。だから私はセミナーや講演に行ったことは一度もない。


知識を増やすだけの勉強には意味がない。血肉化されて初めて役に立つ。血肉化とは、文字通り、その学びを自分の体の一部にするぐらいの吸収をするということだ。


私は上辺だけまねるやり方が大嫌いだ。もっと自分の深いところを見て、変えようとしなければダメだ。


苦しまないところに結果はついてこない。難しい道を選ばない限り、結果なんかない。だからこそ、自分で七転八倒して、自分の勉強法を見つけることに意味がある。


政治家、スポーツマン、芸能人、どの業種でも、その世界の3人の大物と3人の輝く新人を押さえろ。信用されろ。関係を築け。3人ずつ押さえたら、無理に人脈をつくらなくても、その中間の必要な関わりは自然と広がりますから。


見城と仕事をすると自分の仕事がもうワンランク上に行くかもしれない、と感じてもらえれば成功。


僕にとっての義理とは、恩を感じるかどうか。利害損得と関係ない。


SNSではまともな人付き合いはできないよね。僕は見城徹の名前を背負い、責任をもって言葉を吐き出してきたけれど、一般の人はほとんどが匿名だから、発言も無責任。真摯な人はごくわずかだよ。血の流れも、鼓動も伝わらない人と、濃いつながりができるわけがないよ。余分な時間が増えて、身動きがとれなくなるだけ。


異業種交流会やパーティー、催しと名のつくものは全部くだらないと僕は思っている。よっぽど義理のある人に頼まれない限り、参加しないよ。表面的な名刺交換をして、「いい天気ですね」って雑談をする程度で関係性がつくれるはずがないじゃないですか。人脈ができたと勘違いしても、実際は余計な名刺が増えただけ。


圧倒的努力というのは、人が寝ているときに寝ないことなのである。人が休んでくつろいでいるときに、自分は仕事や勉強に取り組む。さらに言えば、人が諦めてしまうものを諦めないということだ。それをやるかやらないか。しかも決然と決意できるかどうか。仕事にしろ、勉強にしろ、結局は覚悟の問題だ。


成功している起業家とは3万人のうちの1人だ。頭角を現さなかった2万9999人は消えているから、歴史に残らない。成功した人たちだけが残っているから、成功した起業家がいっぱいいるように見える。だが、その背後は死屍累々の有り様で、成功した起業家になるのは奇跡に近いことなのである。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ