西脇俊二の名言 一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

西脇俊二のプロフィール

西脇俊二、にしわき・しゅんじ。日本の精神科医。弘前大学医学部卒業。国立国際医療センター勤務、国立秩父学園医務課医長などを経てハタイクリニック院長に就任。テレビドラマの医事監修者としても活躍。著書に『なぜ一流の人はストレスが溜まらないのか』『人生は0.2秒で変わる 精神医学的に正しい絶対的な力の使い方』『断糖のすすめ 高血圧、糖尿病が99%治る新・食習慣』。

人間関係のストレスが少ない人は、コミュニケーションによって相手の自己重要感を高めるのが上手なので、敵を作らず人間関係を円滑に保てるのです。


ストレスのほとんどが、人間関係から生じると私は思います。つまり、コミュニケーションが上手になれば、ストレスは大きく減るでしょう。


人間関係のストレスを減らすため大切なことは、他人に期待しないこと。


自分の価値観に沿った生き方をしなければ、どこか無理を重ねてそれこそストレスが溜まります。


多くの場合、人は理論ではなく感情で動きます。だからこそ、感情を利用できれば強い。


無駄な思い込みを手放すだけで、相当気分がラクになるはず。無駄な感情を動かさなくて済むでしょう。


ストレスを抱え込みすぎず、やり過ごす手段も覚えましょう。


自分への期待もやめると気持ちが軽くなるはずです。完璧にできないと落ち込む人がいますが、そもそも自分への期待値が高すぎるのではないでしょうか。完璧か否かの二択ではなく、出来栄えが60点くらいでも許してあげましょう。


あなたが心の中で相手に期待をするのは勝手ですが、他人の言動まではコントロールできません。そのため、他人のことでストレスを減らしたいなら、自分から「期待しない」ように変わるしかないのです。


お金やモノといった刺激は持続力がありません。人を満足させるのは簡単なもので、「賞賛の言葉」で十分。お金よりもはるかに意欲を保てます。ただし、相手のタイプにより、褒める内容やシチュエーションが変わってきます。その人の最重要な価値観に合わせて内容を変えるべきなのです。


コミュニケーション下手な人を見ていると、自分の承認欲求のみを満たそうとしてばかり。いつも自分の話ばかりして疎まれるのがその典型例です。


人名ランダムピックアップ


経営・ビジネス・投資・仕事・お金・経済的な分野で成功を収めた人たちの名言を収録しています。

ページの先頭へ